WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

ブログの書き出しの書き方を例文を用いて解説【テンプレートあり】

読了予測:約 8 分

副業ブロガー

ブログの書き出しの書き方が知りたいな。

考えるのめんどくさいから、書き出しのテンプレートがほしい。

書き出しを作るコツも知りたい。

こういった疑問や悩みに応える記事です。

この記事でわかること
  • ブログの書き出しの書き方【例文あり】
  • ブログの書き出しテンプレート【コピペOK】
  • 魅力的なブログの書き出しを作る5つのコツ
ひがし

こんにちは、フリーのWebライターをしているひがしです。
実は、ぼくもブログの書き出しで悩んでいた時期があります。

しかし、書き出しの型に沿ってくりかえし練習した結果、SEOで検索上位を獲得できる記事を書けるようになりました。

結論、ブログ記事の書き出しにセンスは必要なく、練習すればうまくなります
型に沿って文章を書くだけなら、簡単だからです。

「でも、うまく書ける自信がないよ」と不安になりますよね?

そこで本記事では、例文やテンプレートを用いて、書き出しの書き方をわかりやすく解説していきます。

この記事を参考にして書き出しの練習をすれば、読者に続きを読んでもらえる確率がグッと上がります

ブログの書き出しの書き方がよくわからない人は、最後まで読んでみてください。

目次

ブログの書き出しの書き方【例文あり】

ブログの書き出しの構成を解説していきます。

  • 読者の悩み
  • この記事でわかること
  • 筆者の信ぴょう性の担保
  • 記事の結論
  • 結論の理由
  • 読者への共感
  • 記事の内容
  • 記事を読むベネフィット
  • 行動を促す

ちなみに、必ず構成のとおりに書き出しを作る必要はありません。

記事の内容によっては、書くのが難しい構成もあるからです。

なるべく書き出しの構成を守って書くのがおすすめですが、無理して守る必要はないと覚えておいてください。

それでは、1つずつ解説していきます。

構成①:読者の悩み

最初に、読者の悩みを書きましょう。

この記事の書き出しでいえば、以下が読者の悩みに該当します。

この記事の該当部分
  • ブログの書き出しの書き方が知りたいな。
  • 考えるのめんどくさいから、書き出しのテンプレートがほしい。
  • 書き出しを作るコツも知りたい。

書き出しの冒頭に読者の悩みを書いておくことで「この記事には自分の知りたい情報がありそう」と思ってもらえる効果がい期待できます。

構成②:この記事でわかること

読者の悩みを書いたら、次は「この記事を読んでわかること」を書きましょう。

この記事の該当部分
  • ブログの書き出しの書き方【例文あり】
  • ブログの書き出しテンプレート【コピペOK】
  • 魅力的なブログの書き出しを作る5つのコツ

この記事でわかることを書いておくことで、読者に記事の全体像を知ってもらう狙いがあります。

構成③:筆者の信ぴょう性の担保

筆者の信ぴょう性を担保する文章を書きましょう。

読者は情報の正しさを、筆者の信ぴょう性で判断する傾向があるからです。

例えば、野球の解説者で「イチロー」と「草野球のおじさん」のふたりがいた場合、どちらの解説を信用しますか?

どう考えても前者だと思います。

ひがし

読者から信用してもらうためにも、筆者の信ぴょう性を担保する文章を書きましょう。

この記事の該当部分

こんにちは、フリーのWebライターをしているひがしです。
実は、ぼくもブログの書き出しで悩んでいた時期があります。

しかし、書き出しの型に沿ってくりかえし練習した結果、SEOで検索上位を獲得できる記事を書けるようになりました。

構成④:記事の結論

記事の結論を書き出しで伝えましょう。

結論を伝えるのが遅すぎると、読者がイライラして離脱される可能性が高くなるからです。

ビジネスでもよく「結論から話せ」といわれますが、それと同じです。

結論を早く伝えることで、読者に安心して続きを読んでもらいやすくなります。

この記事の該当部分

結論、ブログ記事の書き出しにセンスは必要なく、練習すればうまくなります。

構成⑤:結論の理由

結論を書いたら、それとセットになる理由も書いておきましょう。

理由を書かないと、結論に納得するのが難しいからです。

ひがし

読者に納得して続きを読んでもらうためにも、結論の理由を書いておきましょう。

この記事の該当部分

型に沿って文章を書くだけなら、簡単だからです。

構成⑥:読者への共感

書き出しの部分で読者への共感も書いておきたいところです。

共感することで「この記事を書いた人は自分の悩みをわかってくれる」と、安心してもらいやすくなるからです。

ひがし

読者に安心して記事を読んでもらうためにも、なるべく共感する文章を書いてみてください。

この記事の該当部分

「でも、うまく書ける自信がないよ」と不安になりますよね?

構成⑦:記事の内容

読者への共感の次は、記事の内容を伝えます。

この記事の該当部分

本記事では、例文やテンプレートを用いて、書き出しの書き方をわかりやすく解説していきます。

構成⑧:記事を読むベネフィット

記事の内容を書いたら、記事を読むベネフィットを伝えましょう。
ベネフィットとは、簡単にいえば「読者が得られる理想の結果」です。

例えば、副業ブロガーであれば以下のベネフィットが考えられます。

  • 不労所得を実現する
  • 3ヵ月以内にブログで月1万円稼ぐ
  • 10万PVを達成して多くの読者に記事を読んでもらえる

どれも副業ブロガーからすれば、出してみたい結果ですよね。

理想の結果を読者に伝えることで「この記事を読めば自分の悩みが解決するかも」と、期待してもらうのが狙いです。

ひがし

期待してもらえれば、続きを読まれる可能性が上がると考えられます。

この記事の該当部分

この記事を参考にして書き出しの練習をすれば、読者に続きを読んでもらえる確率がグッと上がります。

構成⑨:行動を促す

最後に、読者の行動を促しましょう。

この記事の該当部分

ブログの書き出しの書き方がよくわからない人は、最後まで読んでみてください。

続きを読もうか迷っている読者の背中を押してあげるイメージですね。

ブログの書き出しテンプレート【コピペOK】

ブログの書き出しのテンプレートを作ったので、お好きなように使ってください。

【読者の悩み】
悩み1:
悩み2:
悩み3:

こういった疑問や悩みに応える記事です。

【この記事でわかること】
わかること1:
わかること2:
わかること3:

【筆者の信ぴょう性の担保】
こんにちは、〇〇をしている〇〇です。
実は、ぼくも〇〇で悩んでいました。

〇〇の悩みを克服するために〇〇した結果、長年の悩みだった〇〇の克服に成功しました。

〇〇の悩みを解決したぼくが「〇〇の悩みを解決する方法」を解説した記事を書いています。

【結論】
結論、〇〇の悩みを放っておくのはおすすめしません。

【結論の理由】
放っておくと、〇〇のリスクがあるからです。

【読者への共感】
「でも、〇〇の悩みを解決するのは難しそう…」と不安になりますよね?

【記事の内容】
本記事では、〇〇の悩みを簡単に克服する方法として〇〇を解説しています。

【記事を読むベネフィット】
この記事を参考にして〇〇をすれば、〇〇の悩みを克服できます。

【行動を促す】
〇〇の悩みを解決する方法を知りたい方は、最後まで読んでみてください。

魅力的なブログの書き出しを作る5つのコツ

最後に、魅力的なブログの書き出しを作るコツを解説していきます。

  • 競合記事から読者の悩みを分析する
  • 文字数は300~500文字を目安にする
  • 装飾を活用する
  • 独自性のある情報を入れる
  • 書き出しを書く前にペルソナ設定をする

競合記事から読者の悩みを分析する

競合記事から読者の悩みを分析しましょう。

読者の悩みは主に書き出しの部分に書かれています。

ひがし

吹き出しや箇条書きで書かれているケースが多いので、競合記事を分析する際にメモしておくと良いでしょう。

文字数は300~500文字を目安にする

文字数は300~500文字を目安にしましょう。

文字数が少なすぎると必要な情報を読者に伝えられず、反対に多すぎるとイヤになって離脱される可能性が高くなるからです。

300~500文字であれば、少なすぎず多すぎないちょうど良い文章量だと思います。

ブログ記事の書き出しを書く際には、300~500文字を目安にしてみてください。

装飾を活用する

書き出しを書く際には、装飾を活用しましょう。
装飾を活用することで、文章の要点を読者にわかりやすく伝えられるからです。

装飾は「ボックス」や「吹き出し」など、好きなものを使えばOKです。

読者に情報をわかりやすく伝えるためにも、装飾を活用しましょう。

独自性のある情報を入れる

書き出しには、なるべく独自性のある情報を入れるのがおすすめです。

独自性の高い情報を入れることで、読者から「続きが気になる」と思ってもらえる効果が期待できるからです。

独自性の高い情報の例
  • アンケートの集計結果
  • インタビューで得た情報
  • ブログ記事に関連した実績など

書き出しを書く前にペルソナ設定をする

書き出しを書く前にペルソナ設定をしておきましょう。

事前にペルソナ設定をしておくことで、読者に刺さる書き出しを書きやすくなるからです。

ひがし

書き出しを書いてからペルソナ設定をするのは非効率なので、あらかじめペルソナ設定をしておくことをおすすめします。

「ペルソナ設定のやり方がよくわからない」という人は、以下の記事を読んでみてください。ペルソナ設定のやり方を詳しく解説しています。

>>ブログでペルソナ設定は必要!ペルソナの作り方5つの手順を解説

まとめ

ブログの書き出しの書き方について解説しました。

この記事の内容を参考にして、ブログの書き出しを書いてみてください。

コメント

コメントする

目次