WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

Webライターに必要なスキル7つ!スキルを高める方法と併せて解説

読了予測:約 9 分

悩める男性

Webライターの仕事に興味あるけど、スクールとか講座で勉強したほうがいいかな?

結論からいうと、Webライターとして仕事するのにスクールや講座で学ぶ必要はありません

高額なお金を払って学ばなくても、独学でも稼げます。

本記事では、Webライターに必要なスキルを紹介し、スキルを身につける方法について詳しく解説します。

この記事を読むことで、高額なスクールや講座を受けずに、独学でWebライターに必要なスキルを身につける方法を知ることができます

独学で稼げるWebライターになりたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

本記事の信頼性
X:ひがし(@Y_writer1990
目次

Webライターに必要な7つのスキル【収入アップ】

Webライターに必要なスキルは下記のとおりです。

  • 初歩的なパソコンスキル
  • 基礎的なライティングスキル
  • SEOスキル
  • リサーチスキル
  • コミュニケーションスキル
  • WordPress入稿スキル
  • タイムマネジメントスキル

ひとつずつ解説します。

初歩的なパソコンスキル

Webライターはパソコンを使って文章を書くため、パソコンスキルが必要です。

といっても、マクロや関数などの高度なスキルは必要なく、Googleドキュメントやwordの操作、ブラインドタッチなどの初歩的なスキルが使えれば十分です。

特に、Googleドキュメントやwordはほぼ確実に使うので、操作できるようにしましょう。

基礎的なライティングスキル

Webライターは基礎的なライティングスキルが求められます。

大半の発注者はマニュアルを用意しているので、未経験者でも安心ですが、基礎レベル程度のライティングスキルを身につけているのに越したことはありません。

特に、わかりやすい文章を書けるかは重要です。

何が言いたいのかわからない文章だと、発注者から継続して仕事を依頼されるのは難しいでしょう。

わかりやすい文章の書き方は、以下の記事で詳しく解説しています。ライティングスキルに自信のない人は読んでみてください。

【初心者Webライター向け】わかりやすい文章の書き方を基本から徹底解説!

SEOスキル

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味する言葉で、簡単に言えば、Googleの検索エンジンで上位表示を狙っておこなう施策です。

このSEOが、Webライターとして稼いでいくために必須スキルと言えます。

検索エンジンで上位表示されれば、それだけ多くのユーザーの目に止まる機会が増えるので、商品やサービスを購入してもらえるチャンスも増えます。

ひがし

つまり、発注者が儲かるということです。

発注者を儲けさせることができるWebライターは重宝され、優先して仕事を回してもらえます。

リサーチスキル

リサーチとは、直訳すると「調査」「研究」を指す言葉です。

専門的知識を有していれば話は別ですが、基本的に執筆する分野の知識があるほうが少ないので、調べて書く必要があります

おもにWebサイトの情報を調べて記事を書くことが多いので、Webサイトの情報に誤りがないか調べる必要もあります。

Webライターは文章を書く仕事だと思われがちですが、実際は書いている時間よりむしろ調べる時間のほうが長いくらいです

そのため、「資料や本を読むのが苦痛で仕方ない」という人は、Webライターに向いていない可能性もあります。

コミュニケーションスキル

あまり必要なイメージがないかもしれませんが、Webライターにもコミュニケーションスキルは必要です。というのも、発注者と直接話す機会はほぼなくても、チャット上でやり取りをおこなう必要があるからです。

発注者が伝えようとしていることを正確に理解し、自分が伝えたいことをわかりやすく発注者に伝える必要があります。

また、プロジェクトの目標や期限、指示を正確に理解し、必要な修正や変更に対応することも求められます。

コミュニケーションスキルを磨くことで、お互いの仕事が捗り、良好な関係を築くことができるでしょう

WordPress入稿スキル

Webライティングの中でも、WordPressは最も一般的なコンテンツ管理システム(CMS)の一つです。WordPress入稿スキルは、記事やブログポストを公開する上での基本的な要素です。これには、WordPressの使い方や特定のプラグインの導入方法、タグやカテゴリの適切な使用などが含まれます。また、SEO(検索エンジン最適化)の理解も欠かせません。これにより、検索エンジンでの可視性が向上し、コンテンツがより多くの読者に届くようになります。

タイムマネジメントスキル

Webライターは、しばしば複数のプロジェクトやクライアントのために同時に作業する必要があります。タイムマネジメントスキルは、与えられた締め切りに間に合わせるだけでなく、質の高いコンテンツを生み出すためにも重要です。これには、効果的なスケジューリング、タスクの優先順位付け、そして集中力を維持する能力が含まれます。また、ツールやアプリケーションの活用も大切です。ChatGPTなどのAIツールは、アイデアの生成や文章の構造化に役立つことがあります。しかし、これらのツールを使いこなすためにも時間管理が不可欠です。ライターは効果的なコミュニケーションも心掛け、クライアントとの連携を円滑にする必要があります。

Webライティングの世界では、常に新しいトレンドや技術が現れるため、スキルの向上と学習意欲の維持が求められます。これらのスキルを磨きながら、柔軟性と適応力を備え、変化するデジタル環境に適応できるよう心掛けましょう。

Webライターとしてスキルを高める6つの方法

スキルを高める方法は下記のとおりです。

  • 書籍を読む
  • YouTubeで学ぶ
  • 資格を所得する
  • スクールや講座で学ぶ
  • 好きな文章を写経する
  • ブログで文章を書く練習をする

ひとつずつ解説します。

書籍を読む

書籍を読んで学ぶことで、基本的なライティングスキルを身につけることができます。

書籍には優れた文章表現やライティングのノウハウがまとめられているため、学んだことを自分の文章に取り入れることで、わかりやすい文章を書けるようになります

Webライター初心者におすすめの本は、下記のとおりです。

楽天ブックス
¥1,650 (2024/02/29 09:14時点 | 楽天市場調べ)

上記3冊を読めば知識は十分なので、あとは本で学んだことを実践しましょう。

YouTubeで学ぶ

「書籍やテキストで学ぶのが苦手」という人はYouTubeで学ぶのがおすすめです。

ひがし

無料とは思えないくらい、質の高いコンテンツがそろっています。

YouTubeだと、下記のYouTubeチャンネルが参考になります。

マナブ
たなざわ / Webライター
佐藤誠一Webライターチャンネル

有料級の情報を配信しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

資格を取得する

Webライターとして活動するのに資格は必須ではないですが、「資格がないと不安」という人は取得しておくとよいでしょう。

Webライター向けの資格だと下記がおすすめです。

  • Webライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
  • SEO検定
  • ビジネス著作権検定
  • Webリテラシー試験

Webライティングの基礎を学べる資格や、SEOについて学べる資格を取得しておくと、Webライターの仕事に活きるでしょう。

スクールや講座で学ぶ

お金が少々かかりますが、スクールや講座で学ぶのもありです。

スクールや講座で学ぶメリットは、添削を受けられることです。

ひがし

文章を書くのがうまくなるためには、悪いクセを早く知ることが大切です。

書籍や動画で学んでも気づきにくいので、添削を受けると上達が早いです。ただし、なかには評判のよくないスクールや講座もあるので注意が必要です。

申し込む前に口コミなどをチェックし、評価が高いものを選ぶことをおすすめします。

好きな文章を写経する

好きな文章を写経すると、文章を書くのがうまくなります。写経とは、文章をそのまま書き写すことです。

ぼくは月収1,000万円ブロガーとして著名な「マナブさん」のブログを写経していました。

ひがし

マナブさんの文章は超わかりやすいです。

いろいろなブログや書籍を読んで、「この人みたいな文章を書きたいな!」と思える人を見つけましょう。

見つけたら、あとは写経して練習あるのみです。

ブログで文章を書く練習をする

仕事を受注して記事を書くと上達も早いですが、「いきなり仕事を受けるのは不安」という人もいるでしょう。

いきなり仕事を受けるのが不安な人は、”ブログで練習する”のがおすすめです。

ひがし

ブログなら失敗しても誰にも迷惑をかけないので、安心です。

WordPressでブログ運営できれば理想ですが、有料なので抵抗のある人もいるでしょう。

抵抗があるなら、下記の無料ブログでも問題ないです。

  • note
  • はてなブログ
  • Amebaブログ
  • FC2ブログ
  • ライブドアブログなど

ブログで文章を書く練習をしてみましょう。

Webライターが身につけたスキルをアピールする5つの方法

Webライターとしてのスキルをアピールすることは、競争が激化するオンラインの仕事市場で重要です。以下は、Webライターが身につけたスキルを効果的にアピールするための5つの方法です。

ポートフォリオを作る

Webライターが最初に取り組むべき重要なステップは、自身のポートフォリオを作成することです。ポートフォリオは、過去の仕事やプロジェクトのサンプルをまとめ、自分のスキルやスタイルを見せるための有力なツールとなります。具体的な案件やテーマごとにポートフォリオを整理し、様々なスキルセットをカバーするよう心がけましょう。

プロフィールにスキルを記載する

仕事を探しているWebライターにとって、プロフィールはオンライン上での履歴書とも言えます。スキルや専門知識を正確かつ具体的に記載することで、発注者はあなたの適性を的確に評価できます。例えば、「SEO最適化に精通しています」や「特定の業界において専門的な知識を有しています」など、具体的なスキルを挙げましょう。

提案文にスキルを記載する

仕事を応募する際の提案文も、スキルをアピールする絶好の機会です。具体的なプロジェクトにおいてどのようなスキルが役立つか、それを端的に伝えることが重要です。過去の実績や経験を引用し、なぜあなたがその仕事に最適かを明確に説明しましょう。

SNSを始める

ソーシャルメディアはプロフェッショナルなスキルをアピールするための有力なプラットフォームです。LinkedInやTwitterなどのSNSを活用し、自身の専門性や業界への知見を発信しましょう。他の専門家や発注者とのコネクションを増やすことで、仕事の機会が広がります。

発注者から記事の掲載許可をもらう

過去の仕事やプロジェクトが掲載された場合、その成果物を実際に示すことができるとさらに有利です。発注者から許可を得て、実績を自身のポートフォリオやプロフィールに掲載し、実績としてアピールしましょう。

これらの方法を組み合わせることで、Webライターは自身のスキルを効果的にアピールし、仕事の機会を増やすことができます。

まとめ:Webライターに必要なスキルは独学で身につく!

Webライターが稼ぐために必要なスキルについて解説しました。

高額なスクールや講座に通わなくても、独学で稼げるスキルを身につけることは可能です。スクールや講座で学ぶことを否定はしませんが、お金をかける=稼げるわけでもありません。

書籍やYouTubeでも有益な情報を学ぶことはできるので、まずはお金をかけずに学ぶことをおすすめします。

コメント

コメントする

目次