WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

WebライターがSEOリライトで成果を出すコツを徹底解説!

読了予測:約 7 分

目次

Webライター業務のリライトとは

リライトとは、既存のコンテンツを改変して新しい文章にすることです。文章の一部を書き換えたり、構成を変更したり、内容を補足したりして、オリジナルのコンテンツを新鮮なものに生まれ変わらせる作業を指します。

リライトする目的

リライトには、以下の目的があります。

  • オリジナルの文章を分かりやすく直す
  • 古くなった情報を最新の状況に合わせて更新する
  • 検索エンジンの基準に合わせてSEO対策を施す
  • 別の視点から同じ内容を解説し直す

つまり、リライトを行うことでコンテンツの質を高め、情報を最新に保ち、新たな切り口から読者の理解を深めることができるのです。

リライトは新規記事を書くよりコスパが高い場合もある

完全に新規の記事を書く場合、下調べからゼロベースで執筆する必要があり、時間とコストがかかります。一方、リライトであれば、既にある程度の下地となる文章があるため、その部分は作業が不要です。また、オリジナルの記事が適切にSEO対策されていれば、リライト後もそのまま活用できます。

このように、場合によってはリライトの方が新規執筆より効率的で、コストパフォーマンスが高くなる可能性があります。

Webライターにとってのリライトの重要性

Webライターにとって、リライト力は非常に重要なスキルです。自社サイトやクライアントのコンテンツを常に最新で分かりやすい状態に保つためには、定期的なリライトが欠かせません。また、新規コンテンツ企画が立てにくい時は、既存の記事をリライトすることで新鮮さを保つ方法もあります。

Webライターのリライトのやり方5ステップ

Webライターのリライトのやり方を解説します。

ステップ1:データを集計する

リライトの前に、まずはオリジナルコンテンツに関するデータを収集する必要があります。収集するデータには以下のようなものがあります。

  • サイトやページのアナリティクスデータ(PV数、ユーザー滞在時間、直帰率など)
  • オリジナルコンテンツのSEOパフォーマンスデータ(検索順位、クリック数など)
  • ユーザーフィードバックデータ(コメント、SNS上の反応など)
  • ターゲットキーワードの検索傾向データ

これらのデータから、オリジナルコンテンツの現状の課題や改善の余地を分析することができます。

ステップ2:データを基に仮説を立てる

収集したデータを基に、なぜオリジナルコンテンツの問題が発生しているのかについて仮説を立てます。

例えば、

  • キーワード選定が適切でないため検索流入が少ない
  • 本文が難解で読みづらいため離脱率が高い
  • 構成が論理的でないため内容が伝わりづらい

などの仮説が考えられます。複数の仮説を立て、データに合った最も妥当な仮説を探します。

ステップ3:仮説を基に改善施策を立てる

妥当性のある仮説ができたら、その仮説に基づいた改善施策を立案します。

例えば「キーワード選定が適切でない」という仮説に対しては、代替キーワードの検討や本文内のキーワード配置の見直しなどが改善策になります。

「本文が難解で読みづらい」なら、文章を平易な言葉に直したり、区切りを整えて読みやすくしたりする方法があります。

このように、それぞれの課題に合わせて、具体的な施策を複数立案することが大切です。

ステップ4:考えた改善施策をクライアントに共有する

上記のステップで立案した改善案について、クライアントに報告し、承認を得ます。この際、なぜその施策が有効なのか、データを基にした根拠を明確に説明することが重要です。

クライアント側から修正を求められる場合もあるでしょう。その際はクライアントの意向を汲み取り、柔軟に対応することが求められます。

ステップ5:リライトを始める

施策が承認され次第、実際のリライト作業に入ります。立案した施策通りに作業を行いますが、作業中に新たな気づきや改善点があれば随時加筆修正していきましょう。

リライト後は再度全体を見直し、施策が適切に反映されていることを確認します。不備やミスがないことを確認し、納品の準備を整えます。

WebライターがSEOリライトで成果を出す3つのコツ

WebライターがSEOリライトで成果を出すコツを解説します。

必ずデータを集計して仮説を立てる

リライトに入る前に、まずはオリジナルコンテンツの現状把握とデータ収集が不可欠です。サイトやページのアナリティクスデータ、既存コンテンツのSEOパフォーマンスデータ、ユーザーの行動データなどを入手し、分析する必要があります。

そのデータを基に、なぜオリジナルコンテンツで問題が起きているのか、どの部分に課題があるのかについて仮説を立てます。例えば「キーワード選定が適切でないため検索流入が少ない」「構成が論理的でないため回遊率が低い」などの仮説を立てることができます。

このデータに基づく分析と仮説設定のプロセスを経ることで、適切な改善施策を立案できるようになります。単に感覚的なリライトでは成果が出ない可能性が高いので、これが重要なポイントといえるでしょう。

検索上位記事やサジェストキーワードを分析する

次に、リライトに活かす有用なデータソースとしてライバルサイトを意識することが大切です。自身のリライトするコンテンツと関連性の高い検索上位記事を分析し、それらがどのようなキーワードを含み、どのような構成やコンテンツ内容になっているかをチェックします。

また、実際に自分のターゲットキーワードを検索した際に表示される関連サジェストキーワードも重要な分析対象となります。これらの情報から、検索ユーザーの潜在的なニーズを読み解き、自身のコンテンツにどのように反映させるべきかを検討することができます。

このようにライバル分析を行い、検索ユーザーの情報ニーズを把握することで、リライトのヒントが得られ、より検索に適したコンテンツを作り上げられるはずです。

文章を見直すだけでなく画像や図解を加える

リライトにおいては、文章の内容や表現を見直すことに加えて、視覚的な要素も大切なポイントです。必要に応じて画像や図解を追加・差し替えることで、コンテンツの理解度が高まり、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

検索からページにたどり着いたユーザーは、自身の疑問を簡単に解決したいと考えています。文字だけの平板な記事よりも、画像や図を交えた分かりやすい解説があれば、満足度も高まります。結果、直帰率が低下し、コンテンツの評価が上がることにつながります。

また、近年のSEOではページスピードが重視されるようになっています。適度な画像サイズや圧縮により、ページの軽量化を図ることで、ランキングにもプラスの影響を与えられるでしょう。

Webライターがやってはいけないリライト【プロ失格】

文章の文末や表現だけを変える

リライトにおいて最も重大な失敗は、ただ文末表現を変えたり単語の並び替えをしたりするだけで、実質的な内容の変更を行わないことです。これでは著作権侵害となる可能性があり、クライアントに多大な損害を与えかねません。

リライトが必要な理由として、内容を最新化したり別の切り口で解説したりするなど、オリジナル記事から一定の付加価値を持たせることが求められます。単に言い換えただけでは意味がありません。

競合記事の文章をパクる

同じようにまずいのが、競合サイトの記事からの剽窃です。他所の文章を一部無断で使用すると、著作権法違反になります。引用や参考にする場合でも、必ず出典を明示する必要があります。

加えて、ユーザーにとっても、競合記事と同じような内容では、新しい有益な情報は得られません。リライトを行う意義が損なわれてしまうでしょう。

引用や出典などのルールを破る

リライトの際は、外部の文献や資料を引用したり参考にしたりする機会が多くあります。その際は著作権法の遵守が最重要です。例えば、私的使用の範囲を超えた無断引用や、出典を明記しない行為はNGです。

クライアントによってはSEOの観点から、リライト後の校正工程で引用部分を削除することもあります。いずれにしろルールに従って適切に行わないと、重大な法的リスクにつながりかねません。

クライアントから提示されたレギュレーションなどを破る

リライトを行う上で最も重要なことは、クライアントが示したガイドラインやレギュレーションを守ることです。例えばSEO方針や使用キーワード、執筆スタイル、分量の指定などは必ず遵守しなければいけません。

ここを無視して独自のリライトをした場合、納品物が要件から外れてしまい、修正や再作業が発生する可能性があります。Webライターとしての最低限の義務を怠ることになりかねません。

まとめ

Webライターとしてリライトで成功するには、データ収集と分析を行い、仮説に基づいた適切な施策を立てることが重要です。検索上位サイトの分析や、画像・図解の追加など、検索エンジンとユーザーの双方に配慮したリライトが求められます。

一方で、著作権侵害やクライアントの指示違反などには注意しましょう。

コメント

コメントする

目次