WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

Webライターが確実にSEOスキルを身につけるコツ!基礎知識から解説

読了予測:約 10 分

この記事で解決できる悩み
  • SEOって何なの?基礎から知りたい
  • SEOでおすすめの勉強方法は何?
  • SEOスキルを身につけて稼げるようになりたい!
本記事の信頼性
X:ひがし(@Y_writer1990

SEOスキルを身につければ、文字単価2円から仕事ができる

SEOスキルを身につけることで、安定して文字単価2円くらいの仕事は取れます。

本記事では、稼げるWebライターになるために欠かせない「SEO」について詳しく解説しています。

ひがし

SEOスキルを身につけて、文字単価をアップしたい人はぜひ読んでください。

目次

SEOとはインターネット上で集客する仕組みを作ること

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味する言葉で、インターネット上で集客の仕組みを作ることです。SEOによりコンテンツが上位表示されれば、多くの読者から注目されます。

注目されるほど商品やサービスを認識してもらえるので、ビジネスチャンスにつながります

ひがし

SEOで結果を出せるWebライターは、企業からすれば喉から手が出るほどほしい戦力です。月収100万円以上稼ぐWebライターもいます。

WebライターのSEO対策

WebライティングのSEO対策は下記のとおりです。

  • 見出しにキーワードを自然に入れる
  • キャッチーなタイトルを考える
  • 内部リンクの設置
  • 被リンクの獲得
  • メタディスクリプションの設定

ひとつずつ見ていきましょう。

タイトルや見出しにキーワードを自然な形で入れる

タイトルや見出しにキーワードを入れると検索結果の上位に表示されやすくなるので、​キーワードを入れるのはSEO対策の基本です。​

ただし、​キーワードを入れすぎると不自然になります。​読者から見て違和感を感じるような記事になっていると離脱されかねません。​

早々に離脱されてしまうと、SEOではマイナス評価となります。​

そのため、​キーワードを入れるにしても、​あくまで自然な形で見出しにキーワードを入れましょう。

キャッチーなタイトルを考える

タイトルは上位表示するために重要です。というのも、タイトルでクリック率に大きな差が生じるからです。

ひがし

魅力的でキャッチーなタイトルにすればクリック率がアップし、上位表示されやすくなります。

Googleとしてもコンテンツのクリック率を重要視しています。どれほど読者の役に立つ素晴らしいコンテンツを作っても、読まれないと意味がありません

読者に有益な情報を届けるためにも、読者が思わずクリックしたくなるキャッチーなタイトルを考えましょう。

内部リンクの設置

​内部リンクを設置すると「クローラー」がサイト内ページの関連性を認識しやすくなり、​読者にとっても関連する情報を簡単に見つけてもらえるメリットがあります。​

また、​内部リンクを設置することで、​読者が知りたい情報を簡潔に伝えることができます。​

内部リンクを設置しないと、​1つのコンテンツだけで膨大な文字数になりかねません。​コンテンツの量が増えるほど、​読者にとって読むのが負担になります。​

それを回避するために、​内部リンクが役に立つのです。内部リンクを設置しておけば、​読者が詳しく知りたい情報を別ページで伝えることができます。​

ユーザービリティを高めるためにも、​内部リンクの設置は大切です。​

被リンクの獲得

​被リンクを獲得し、サイトのドメインパワーを上げることもSEOでは必要です。被リンクとは、​他サイトが自分のサイトのリンクを貼ってくれる行為を指します。

他サイトから被リンクを獲得することで、​検索エンジンからの評価がアップします。​

ただし、​被リンクをむやみやたらに獲得すればいいわけではなく、​被リンクの質が重要です。​​検索エンジンの評価が低いサイトから被リンクを獲得しても、あまり効果は期待できません。

​一方、​検索エンジンから高く評価されているサイトから被リンクを獲得すると、「信頼性の高いサイト」として検索エンジンから認められ、​ドメインパワーがアップします。​

被リンクを獲得した数より、質が重要であると覚えておいてください。

メタディスクリプションの設定

メタディスクリプションとは、タイトルの下に表示されるサイトの説明文です。

メタディスクリプションの説明

タイトルほど重要ではありませんが、メタディスクリプションもクリック率に関係するので、最適化しておくに越したことはありません。

ひがし

メタディスクリプションを設定することで、読者がクリックする前に、ページにどのような内容が書かれているかを把握しやすくなります。

WebライターがSEOを勉強する5つの方法

SEOを勉強する方法は下記のとおりです。

  • 書籍
  • YouTube
  • ブログ
  • 講座
  • オンラインサロン

順番に紹介します。

書籍

SEOについて勉強するなら、書籍はもっとも一般的な勉強方法です。​

情報が体系的にまとめられた書籍から勉強することで、より深くSEOについて学べます。​SEOの基礎についてまとめられた書籍だけでなく、応用的な知識をまとめた書籍も数多く出版されています。​

初心者向けの入門書から実践で使えるテクニックや戦略を学べる書籍もあるので、​あなたのレベルに合わせて選ぶとよいでしょう。

SEO関連でおすすめの書籍は、以下のとおりです。

YouTube

「テキストで勉強するのは苦手」という人は、YouTubeでSEOについて勉強するのがおすすめです。

有益な情報を発信しているチャンネルも多くあり、しかも無料で学べるので利用しない手はないでしょう

以下におすすめのチャンネルをまとめておくので、興味のある人は視聴してみてください。

ブログ

書籍やYouTubeで勉強するだけでなく、学んだことをブログで実践することも大切です。

ひがし

知識を得るだけで成果を出せるわけではないので、自分でブログを運営して実践する必要があります。

ブログを運営するならWordpressが一番おすすめですが、有料なので抵抗のある人も多いでしょう。

有料でブログを運営するのに抵抗があるなら、無料ブログから始めるのもありです。

ただし、無料ブログをいつまでやっていてもSEOで実践的なスキルは身につかないので、無料ブログでブログ運営になれたら、Wordpressに移りましょう。

講座

SEOについて本格的に学びたい人は、講座を受講するのもありです。専門家からSEOについての知識を深く学べます。

SEOについてわからない点があれば、専門家に聞いて学べるのも大きなメリットです。

数万円の費用はかかりますが、本格的にSEOについて学びたい人は検討するとよいでしょう。

オンラインサロン

オンラインサロンでもSEOについて学べます。月額1000~3,000円ほどで学べるので、費用も大してかかりません。

ひがし

ただし、書籍やYouTubeと同じく学んだあとはブログで実践することは欠かせません。

SEO効果を高めるためのポイント5つ

検索エンジン最適化(SEO)は、ウェブサイトやブログの可視性を向上させ、ターゲットオーディエンスにアクセスを増やすための不可欠な戦略です。この記事では、SEO効果を最大化するための5つの重要なポイントに焦点を当てます。

E-E-A-Tを意識してコンテンツを作る

検索エンジンは、コンテンツの品質を判断する際にE-E-A-T(経験、専門家性、信頼性、権威性)を重視します。従って、コンテンツ作成時にはこれらの要素を意識することが重要です。例えば、業界の専門家や権威ある情報源から引用することで信頼性を高め、読者に価値ある情報を提供します。

オリジナリティを加える

検索エンジンは独自のコンテンツを好む傾向があります。他のサイトとの差別化を図るために、独自の視点や情報を加えましょう。オリジナルなコンテンツは検索エンジンによって評価され、ランキング向上に寄与します。

検索意図を網羅する

ユーザーが検索する際の意図を理解し、それに対応するコンテンツを提供することが重要です。キーワードだけでなく、検索者が求めている情報や解決策に焦点を当て、的確な回答を提供することがSEO効果向上に繋がります。

検索上位の記事をリサーチする

競合他社や業界のリーダーがどのようなキーワードやコンテンツを使用しているかをリサーチすることで、自身のコンテンツを最適化するヒントを得ることができます。これにより、同じトピックで競り勝つための手法や新しい視点を取り入れることができます。

共起語や関連キーワードを入れる

検索エンジンはコンテンツ内の関連キーワードや共起語を解析し、そのコンテンツのテーマや内容を理解します。従って、関連キーワードや共起語を適切に組み込むことで、コンテンツの一貫性を高め、検索ランキングを向上させることができます。

SEOに強い構成の作り方

構成とは、コンテンツを作る前に考える見出しやペルソナ設定を指します。

建築でいえば設計図のようなものです。

ひがし

建築もいきなり家を建てるわけではなく設計図から考えますよね。それと同じです。

いきなりコンテンツを作るのではなく構成から考えることで、検索順位で上位を取りやすくなったり読者に役立つコンテンツを作りやすくなります

構成を作る際のポイントは下記のとおりです。

  • 見出しで読者ニーズを網羅する
  • ペルソナを明確にして記事を書く
  • 上位記事との差別化を図る

Googleの検索エンジンは、読者ニーズを満たせる情報が網羅されたコンテンツを高く評価します。

そのため、ペルソナを明確に設定し見出しで読者ニーズを満たせる内容をそろえましょう。

構成の作り方については以下の記事で詳しく解説しているので、構成の作り方について知りたい人は読んでみてください。

【報酬アップ】Webライターの構成の作り方を手順に沿って解説

SEOで役に立つツール

SEOで役に立つツールは下記のとおりです。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • GetKeword
  • 再検索キーワード調査ツール
  • Ubersuggest
  • ruri-co
  • TinyPNG
  • PageSpeed Insights
  • Clarity

上記以外にもWebライターの仕事で役に立つツールは数多くあります。

無料で使えるのが多いので、いろいろ試してみるとよいでしょう。

SEOについてよくある質問

ここでは、SEOについてよくある質問について回答します。

  • WebライティングとSEOライティングの違いって何ですか?
  • SEOライターの仕事で必要なスキルは何ですか?
  • SEOライターの年収はどれくらいですか?
  • SEOの仕事で役に立つ資格はありますか?

WebライティングとSEOライティングの違いって何ですか?

Webライティングは、Webサイトの訪問者に有益な情報を提供することを目的としたライティングです。

一方SEOライティングは、検索結果で上位表示することを目的としたライティングを指します。

それぞれのライティングを組み合わせることで、読者に良質なコンテンツを提供し、検索結果で上位表示を取れます。

SEOライターの仕事で必要なスキルは何ですか?

SEOライターの仕事で必要なスキルは下記のとおりです。

  • SEOの知識
  • キーワード選定
  • 構成作成
  • オリジナリティのある文章の作成
  • イラストや図解の作成

SEOライターというと文章を書く仕事をイメージするかもしれませんが、イラストや図解の作成スキルを求められるケースも少なくありません。

また、SEOライターは商品やサービスを宣伝する際に「セールスライティング」を求められる機会もあります。

セールスライティングのスキルを有していると発注者から高く評価され、報酬アップが期待できます。

SEOライターの年収はどれくらいですか?

SEOライターの年収は、実績・スキル・勤務地・業種・雇用形態などで大きく異なるので、具体的な年収は断言できません。

年収200~300万円のSEOライターもいれば、年収1,000万円を超えるSEOライターもいます。

大きな差を生み出している要因は、実績とスキルです。実績とスキルを積み重ねていけば、年収1,000万円も狙えます。

SEOの仕事で役に立つ資格はありますか?

SEOの仕事で必須の資格はなく、役に立ちそうな資格もありません。

資格より実績のほうが圧倒的に重要なので、資格の取得はおすすめしません。

まとめ:SEOに強いWebライターになって効率よく稼ごう!

SEOに強いWebライターになれば、効率よく稼げます。

文字単価なら2円以上、記事単価なら1万円前後は狙えます。

まずはSEOについて書籍やYouTubeなどで勉強しつつ、Wordpressでブログを運営するのがおすすめです。

勉強するだけではいつまで経っても実践的なスキルは身につかないので、ブログなどでアプトプットしましょう。

この記事の内容を参考にして、稼げるWebライターになってください。

コメント

コメントする

目次