WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

Webライティングの最適な練習方法が見つかる!効率よくスキルアップするコツ

読了予測:約 8 分

Webライティングを練習したい。けど、どうやって練習すればいいんだろう?

Webライティングで上達を目指すなら、練習は欠かせません。しかし具体的にどうやって練習すればよいかわからず、困っている人も多いでしょう。

本記事では、Webライティングでおすすめの練習方法について解説しています。

この記事を読むことでWebライティングの練習が捗り、効率よくスキルアップできます

ひがし

Webライティングの練習方法について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

本記事の信頼性
X:ひがし(@Y_writer1990
目次

Webライティングの練習方法7選

Webライティングの練習方法は下記のとおりです。

  • Webライティングの案件を受注する
  • ブログで練習する
  • 添削サービスを受ける
  • Webライティング関連の書籍を読む
  • 好きな文章を写経する
  • サンプル記事を書く
  • SNSで発信する

練習方法は数多くあるので、あなたに合った練習方法を探してみてください。

Webライティングの案件を受注する

Webライティングの案件をいきなり受けてみるのが一番おすすめの練習方法です。

絶対に失敗できない案件なら練習とはいえませんが、お試しで案件を受注して執筆するくらいなら、失敗しても大した問題ではありません。

ひがし

それに、納期やルールを守って仕事すれば、記事の質が低くても怒られることはまずないでしょう。

初心者がWebライティングの案件を受けるなら、クラウドソーシングがおすすめです。クラウドソーシングであれば、未経験者や初心者向けの案件が豊富にあります

クラウドソーシングで仕事を取る方法については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【誰でもできる】Webライター初心者の仕事の取り方を徹底解説!

ブログで練習する

いきなり案件を受けると上達も速いのでおすすめですが、いきなり仕事を受けることに抵抗を感じる人もいるでしょう。

ひがし

仕事を受けることに抵抗があるなら、ブログで練習するのがおすすめです。ブログなら失敗しても誰かに怒られる可能性は低いので、安心です。

WordPressで練習するのが理想ですが、無料ブログでも問題ありません。

初心者におすすめのブログは以下の記事で紹介しています。ブログでの練習に興味のある人は、読んでみてください。

初心者Webライターはブログをやるメリットが多い!おすすめのブログも紹介

添削サービスを受ける

実際に案件を受注するのと同じくらいおすすめの練習方法が、添削サービスを受けることです。

添削では、自分の文章の悪い癖など指摘してもらうのが目的です。

自分の文章の悪い癖は、自分では気づきにくいものです。文章を書くプロから添削を受けることで、悪癖を直し、レベルアップにつながります。

スクールや講座で添削を受けてもいいですが、それだとお金がかかるので、添削のみのサービスを受けるとよいでしょう。

Webライティング関連の書籍を読む

Webライティング関連の書籍を読むのも効果的な練習方法です。

書籍を読むメリットは、長年プロとして活躍してきた人がまとめた文章を学べることです。たった数1,000円で文章のプロから学びを得ることができるので、やらない手はありません。

Webライティング関連でおすすめの書籍は以下のとおりです。

楽天ブックス
¥1,650 (2024/02/29 09:14時点 | 楽天市場調べ)
ひがし

ほかにもおすすめの書籍はありますが、とりあえず3冊も読めば十分です。書籍で基礎知識を学んだら、実際に案件を受けましょう。

好きな文章を写経する

好きな文章を「写経」するのもおすすめの練習方法です。文章を書き写すことで、文章を書くのがうまい人の書き方が自然と身についていきます。

ひがし

ぼくは月収1,000万円ブロガーである「マナブさん」のブログ記事をひたすら写経していました。

あなたも、「この文章好きだな」「この人みたいな文章が書けるようになりたい」と思える文章があるかと思います。

その文章を写経して練習すると、文章を書くのが上達しますよ。

サンプル記事を書く

サンプル記事とは、クラウドソーシングなどで仕事を応募する際に提示する記事を指します。サンプル記事を提出することで、発注者に自分の文章力を示すことができます。

実績があってすでにポートフォリオが充実しているライターなら、サンプル記事を書く必要はありません。

しかし、未経験者であれば提示できる記事はないはずなので、サンプル記事を書けばあなたの文章力を発注者に示せます。

ひがし

それでいて文章を書く練習にもなるので、一石二鳥です。

サンプル記事の書き方は以下の記事で詳しく解説しています。サンプル記事の書き方がわからない人は、ぜひ参考にしてください。

Webライターのサンプル記事の書き方!実績0でも採用される方法を解説

SNSで発信する

「Twitter」や「Instagram」などのSNSで発信して練習するのもありです。

「短い文章なんて書いて練習になるの?」と思うかもしれません。

たしかに、ブログなどで長文の記事を書くことと比べれば練習としては物足りませんが、いきなり長文を書くことに抵抗のある人もいるでしょう。

そこで役に立つのが、SNSです。

たとえ短い文章でも、書くことで説得力のある文章や共感を得られる文章を書く練習になります。長文を書くことに抵抗のある人は、まずはSNSで練習しましょう。

Webライティングで必要な3つのスキル

https://monokakibiyori.com/wp-content/uploads/2023/03/su-tuwokita-man.jpg

ここでは、Webライティングで必要なスキルについて解説します。

練習する際には、下記のスキルを身につけることを意識しながら練習することで、上達スピードもアップします。

  • 基本的な文章力
  • SEOスキル
  • 装飾スキル

順番に解説します。

基本的な文章力

Webライターとして仕事していくうえで、基本的な文章力は欠かせません。

ひがし

文章を書くプロである以上、大前提はわかりやすい記事を書くことです。支離滅裂で、何がいいたいのかわからない文章を読んでくれる読者はいません。

わかりやすい文章を書くためにも、基本的な文章力が求められます。

基本中の基本は「PREP法」

基本的な文章の書き方は、「PREP法」が有名です。

PREP法とは、結論→理由→具体例→結論の順番で文章を構成する書き方です。

STEP
結論
STEP
理由
STEP
具体例
STEP
結論

発注者のマニュアルにも、PREP法でライティングすることを明記していることも少なくありません。初心者レベルであっても、PREP法で文章を書くことは求められます

PREP法の書き方については、以下の記事で詳しく解説しています。PREP法を習得したい人は、ぜひ参考にしてください。

【例文あり】Webライター必須のPREP法の書き方をわかりやすく解説!

SEOスキル

インターネット上で文章を書くWebライターは、SEOスキルが求められます。

SEOとは、おもにGoogleの検索エンジンで上位表示を狙っておこなう施策です。検索結果の上位に表示されれば多くの読者から注目され、商品やサービスが売れやすくなります。

つまり、発注者が携わっているWebサイトに収益が発生し、儲かるわけです。発注者に利益を出してもらい、よろこばれるスキルがSEOスキルです。

SEOスキルを磨くには、おもに下記の方法があります。

  • SEOについて書かれた書籍で勉強する
  • SEO関連の資格を取得する
  • スクールや講座を受ける

資格の取得やスクールに通うのはお金もかかるので、まずはSEOについて書かれた書籍を読んで学ぶことをおすすめします。

SEOについては以下の記事で詳しく解説しています。本格的にSEOについて学びたい人は読んでみてください。

Webライターが確実にSEOスキルを身につけるコツ!基礎知識から解説

装飾スキル

Webライティングでいう装飾とは、おもに下記のようなものがあります。

  • 太字
  • マーカー
  • ふきだし
  • 箇条書き
  • チェックボックスなど

初心者Webライターで装飾する機会は多くありませんが、単価が高くなるほどWordpressでの入稿や装飾作業も増えていきます。

目安としては、文字単価1円以上になると装飾を求められる機会も増えます。

ひがし

装飾スキルを磨く方法は、何といってもWordpressでブログを運営することです。Wordpressで記事を書くほど装飾作業の経験を積めて、スキルアップにつながります。

「Wordpressって難しそう」と抵抗を感じるかもしれません。

しかし、Webライターにとってメリットがたくさんあるので、Webライターとして稼いでいきたい人は、Wordpressの運営をおすすめします。

まとめ:Webライティングを練習してスキルアップしよう!

Webライティングの練習方法は、下記のとおりです。

  • Webライティングの案件を受注する
  • ブログで練習する
  • 添削サービスを受ける
  • Webライティング関連の書籍を読む
  • 好きな文章を写経する
  • サンプル記事を書く
  • SNSで発信する

いきなり仕事を受けるのがもっとも上達が早いですが、抵抗を感じる人もいると思います。

抵抗を感じる人は、ブログで練習したりサンプル記事を書いて練習するとよいでしょう。上記のなかから、自身に合う方法を試してみてください。

Webライティングで必要なスキルは以下のとおりです。

  • 基本的な文章力
  • SEOスキル
  • 装飾スキル

特に重要なのは、基本的な文章力です。初心者でも、「PREP法」の習得は必須です。

Webライティングの練習をしてスキルアップし、稼げるWebライターになりましょう。

コメント

コメントする

目次