WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

【独学OK】初心者Webライターにおすすめの勉強法7選を紹介!

読了予測:約 11 分

Webライターの仕事に興味あるけど、どうやって勉強するんだろう?
独学でも稼げるのかな?

Webライターを始めたばかりの人だと、何から勉強すればいいかよくわからないですよね。
スクールや講座を受けるのは安くないですし、できるなら独学で学びたい人も多いでしょう。

結論から言うと「Webライターは独学でOK」です。

実際、クラウドワークスで初心者Webライターを対象にアンケート調査したところ、独学の人は83%でした。

勉強方法の詳細は、以下のとおりです。

Webライターの勉強方法アンケート結果
Webライターの勉強方法アンケート結果

※アンケート概要
クラウドワークスにて113名の方からアンケートを実施
アンケート対象はWebライター歴半年以内の方
集計期間は2023年9月22日~2023年10月7日
2人未満の回答はその他で統合
有効回答数109件、有効回答率96%(小数点以下切り捨て)

本記事では、未経験からWebライターになるためのおすすめの勉強法を紹介しています。

この記事を読むことで、スクールや講座に高いお金を払うことなく、独学で稼げる勉強法を知ることができます

何から勉強すればよいかわからない人は、ぜひ参考にしてください!

本記事の信頼性
X:ひがし(@Y_writer1990
目次

初心者Webライターにおすすめの独学勉強法7選

初心者Webライターにおすすめの独学勉強法7選

初心者Webライターにおすすめの勉強法は、以下のとおりです。

  • クラウドソーシングで記事を書く
  • Webライター関連の本で学ぶ
  • YouTubeなどの動画で学ぶ
  • オンラインサロンで学ぶ
  • Webライター関連の資格を所得する
  • ブログ運営をする
  • 好きな文章を書き写す

ひとつずつ解説していきます。

クラウドソーシングで記事を書く

勉強を始める前に、クラウドソーシングで記事を書いてしまうのがおすすめです。
「え、いきなり仕事を始めるの」と抵抗があるかもしれませんが、安心してください。

大半のクライアントはマニュアルを用意してくれてるので、マニュアルを見ながら作業すればOKです。

それと、文字単価0.5円程度であれば、未経験者でも仕事の募集はあります。

ひがし

実際に文章を書かないと上達しないので、さっさと実践デビューしたほうが成長も早いです。

Webライター関連の本で学ぶ

Webライター関連の本から学ぶのもおすすめです。

ひがし

長年プロとして活躍しているライターが書いた本は、とても勉強になります。

ぼくが何冊か本を読んだなかで特におすすめの本は、以下の3冊です。

上記の本を読めば知識としては十分なので、あとは実践で執筆していき上達しましょう。

「もっとおすすめの本が知りたい」という人は、以下の記事を読んでみてください。
初心者Webライター向けにおすすめの本を紹介しています。

YouTubeなどの動画で学ぶ

テキストで学ぶのは苦手だな…

という人は、動画で学ぶという手もあります。

ひがし

動画なら、通勤のスキマ時間に視聴するのにも便利です。

Webライター向けに情報を発信している人で、おすすめのYouTubeチャンネルは以下のとおりです。

マナブ
たなざわ / Webライター
佐藤誠一Webライターチャンネル

Webライター向けに有益な情報を発信しているのはもちろん、とてもわかりやすいです。

また、有料ですが「Udemy」という動画学習サービスで勉強するのもおすすめです。

Udemyの特長
  • Webライティングの最新情報を学べる
  • 頻繁にセールを開催しているので安い価格で動画を視聴できる

最大95%OFFで購入できるので、書籍と変わらない値段で動画学習をおこなえます。
動画で学びたい人は、ぜひ視聴してみてくださいね。

オンラインサロンで学ぶ

「独学でWebライターを始めるのは寂しいな」という人は、オンラインサロンの入会がおすすめです。

スクールや講座でも仲間と学べますが、高額なお金を払ってまで受ける必要があるのか疑問なので、オンラインサロンで十分でしょう

ひがし

料金は月額1,000円~3,000円くらいが相場です。

仲間と共に勉強したい人は、オンラインサロンで学びましょう。

Webライター関連の資格を所得する

Webライターになるのに資格は必須ではありませんが、「自分のスキルに自信がもてない」という人は、資格を所得するのもアリです。

Webライター関連の主な資格は以下のとおり。

  • Webライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
  • SEO検定
  • ビジネス著作権検定
  • Webリテラシー試験

気になる資格があれば、チャレンジしてみるとよいでしょう。

ブログ運営をする

初心者には少しハードルが高いかもしれませんが、自分でブログを運営するのも勉強になります。

ブログ運営をすると、以下のメリットがあります。

  • 文章を書く練習になる
  • SEOの知識が身につく
  • WordPressの入稿作業を習得できる
  • 営業ツールとして利用できる
  • ポートフォリオとして使える

文字単価1円以下であれば、SEOやWordPressの知識が求められる機会は少ないです。
しかし、月収10万円を狙うのであれば身につけておきたいです。

WordPressでブログ運営するのが理想ですが「Wordpressは難しそう」と抵抗のある人もいるでしょう。
抵抗を感じる人は、無料ブログから勉強するのもアリです。

無料ブログに慣れたら、Wordpressでブログ運営するとよいでしょう。

おすすめの無料ブログは以下で詳しく解説しているので、ブログ選びの参考にしてみてください。

>>初心者Webライターはブログを開設するメリットが多い!おすすめのブログも紹介

好きな文章を書き写す

好きな文章を書き写すのも、文章を書くのがうまくなるのに効果的です。
ぼくは初心者の頃、月収1,000万円ブロガーである「マナブさん」の記事をひたすらパソコンに書き写して練習していました。

文章を書くのがうまい人の記事を書き写すと、自然とわかりやすい文章の書き方が身についていきます。

マナブさんでなくても、あなたが「この人の文章うまいな!」と思える人の文章を書き写せばOKです。

ひがし

無料で好きなだけ勉強できるのが大きなメリットです。

Webライターに必要なスキル・知識

Webライターに必要なスキル・知識

ここでは、Webライターに必要なスキル・知識について解説します。

勉強するなら、以下のスキルや知識を身につけましょう。

  • 基礎的なライティングスキル
  • Webライティングスキル
  • SEOの知識
  • 専門分野の知識
  • コミュニケーション能力

順番に解説します。

基礎的なライティングスキル

Webライターは、わかりやすい文章を書くことが求められます。
Web文章はわかりづらい文章を書いても、ほとんどの人は読んでくれません

ひがし

小学校高学年でも理解できるように書く必要があります。

読者は苦労してまで文章なんて読みたくないので、読みづらいと思ったらすぐに離脱して、ほかの人が書いた文章を読みます

わかりやすい文章を書くことは、Webライターに求められる基本的なスキルです。

自分の文章力に自信がない…

という人は、以下の記事を読んでみてください。
誰でも簡単にわかりやすい文章を書く方法をまとめています。

Webライティングスキル

Webライターはわかりやすい文章を書けるだけでなく、Webライティングスキルも求められます。
具体的には、画像の選定や文字の装飾などがあります。

画像の選定や文字の装飾は、文字単価1円未満の初心者でも求められる機会は多いです。

Webライティングスキルを身につけるには、WordPressでブログ運営するのがおすすめです。

ひがし

文章を書く練習ができるだけでなく、デザインの練習にもなるので一石二鳥ですよ。

SEOの知識

SEOの説明

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンを最適化することを指します。

ひがし

簡単に言うと、Googleの検索結果で上位表示するための作業です。

SEOでは、下記の要素を満たしたライティングをおこなう必要があります。

  • 必要な情報を漏れなくまとめる
  • 読者の悩みを解決する記事を書く
  • ほかの記事にない独自性を加える

難しく感じるかもしれませんが、未経験者が求められるスキルではないです。

ただ、文字単価1円以上になると求められる機会も多いので、Webライターとして稼ぐためには必要な知識とだけ覚えておきましょう。

専門分野の知識

専門分野の知識があると稼ぎやすいです。

例えば、以下のジャンルがあります。

  • 金融
  • 医療
  • IT
  • 法律
  • 美容など

自分の得意分野で経験や知識を生かして、Webライターとして活躍できます

専門知識なんてないよ…

という人は、本を読んで勉強したり資格を所得したりする方法もあります。

ひがし

勉強して、自身の市場価値を高める努力をすることをおすすめします。

コミュニケーション能力

Webライターは基本的にチャットでやり取りするので、コミュニケーション能力は必要ないと思う人もいるかと思います。

しかし、Webライターは発注者の指示を理解したうえで、発注者に満足してもらえる記事を書くことが求められます

発注者に満足してもらえる記事を書けないと、継続して仕事を依頼される可能性は低いです。

ひがし

そのため、発注者に満足してもらえる記事を書けるように、コミュニケーション能力を高めることも意識しましょう。

未経験からwebライターを始める4つの手順【簡単です】

Webライターになるための勉強を進めつつ、実際に仕事を受けてみてください。

仕事を受けるのは不安だな…

仕事を受けた経験がないと、不安ですよね。

ひがし

ぼくも初めて仕事を受けたときは超不安でした。

ですが、安心してください。
難しいことは一切なく、以下の手順を踏めば晴れてWebライターになれます。

STEP
インターネット環境とパソコンを用意する

パソコンは3万円程度のものでOKです。
パソコンをすでにもっている人は、初期費用0円から始められます。

STEP
クラウドソーシングサイトに登録する

インターネット環境とパソコンを準備したら、未経験者でも案件が豊富なクラウドソーシングサイトに登録します。おすすめは業界最大手の「クラウドワークス」「ランサーズ」です。

STEP
案件に応募する

クラウドソーシングサイトに登録したら、案件に応募しましょう。
文字単価0.5円以下の案件だと稼ぎにくいので、文字単価0.5円以上の案件がおすすめです。

STEP
仕事を受注する

案件に応募し合格したら、Webライターとしての活動を始められます。
継続して仕事を任せてもらえるように、納期と執筆ルールを守って仕事をしましょう。

Webライターになるのは簡単ですが、安定して稼げるようになるには時間がかかります。

最初はつらくても、諦めずに活動を続けていれば徐々に稼げるようになるので、継続して仕事をこなしましょう。

Webライターが稼げるようになるまでの勉強時間の目安

稼げるようになるまでの勉強時間の目安

経験の有無やスキルが人それぞれ違うので、必要な勉強時間は人によって異なります。

ひがし

あくまで目安ですが、ぼくが副業で月5万円稼ぐまでにかかった期間は、半年でした。
時間に換算すると、200~250時間くらいです。

けっこう時間がかかるんだな…

と思うかもしれません。

しかし、ぼくの場合は副業を休んでいた時期があるので、要領のいい人や集中してがんばれる人はもっと早く稼げるでしょう。

Webライターの勉強に関するよくある質問

最後に、Webライターの勉強に関するよくある質問にお答えします。

無料でできる勉強方法はありますか?

無料でできる勉強方法は少ないですが、以下のようなものがあります。

  • クラウドソーシングで記事を書く
  • YouTube動画を視聴する
  • 無料ブログを運営する
  • Webサイトで好きな文章を書き写す

Webライターを始めようか迷っている人は、YouTube動画の視聴がおすすめです。

Webライターを始めようか迷っています。どんな人が向いていますか?

以下に該当する人は、Webライターに向いてる可能性が高いです。

  • 文章を書くのが苦痛でない人
  • 1人でいるのが好きな人
  • じっと座っていられる人
  • 在宅で仕事がしたい人
  • 勉強や情報収集が好きな人
  • 向上心のある人
  • 細部にこだわれる人

もっと詳しくWebライターとしての適性を知りたい人は、以下の記事を読んでみてください。
Webライターに向いてる人の特徴や適性診断について解説しています。

>>Webライターに向いてる人7つの特徴!適性診断で向き不向きがわかる

Webライターの勉強をするのにおすすめの講座やスクールはありますか?

以下の講座やスクールは評判が高いです。

Webライターとして本格的に活動したい人は、参加するのもありでしょう。

とはいえ、未経験の人であれば、低コストで始められる勉強方法がおすすめです。

まとめ:Webライターは独学でも稼げる!

Webライター未経験者の勉強法について解説しました。

Webライターを始めるのにスクールや講座に通う必要はなく、独学からでも十分稼げます

未経験者の人は、副業からスタートするのがおすすめです。
副業で月10万円以上稼げるなら、独立する選択肢もできます。

Webライターの仕事に興味のある人は、クラウドソーシングで仕事を受注することをおすすめします。

初心者Webライターの仕事の取り方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

コメント

コメントする

目次