WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

Webライターのサンプル記事の書き方!実績0でも採用される方法を解説

読了予測:約 8 分

  • サンプル記事ってどうやって書けばいいの?
  • サンプル記事って何で必要なの?
  • サンプル記事を書くときのポイントは?

上記の疑問にお答えします。

本記事の信頼性
X:ひがし(@Y_writer1990

Webライターとして実績のない人におすすめの営業方法のひとつが、サンプル記事を書くことです。
多くの発注者はWebライターが過去に執筆した記事の提出を求めます。

ライターの文章力をチェックするのに、執筆した記事をチェックするのが最適だからです。

そのため、提出できる記事すらないと選考において不利になるので、未経験者はサンプル記事を書くことが大切です。

本記事では、Webライター初心者向けにサンプル記事の書き方について解説します。

この記事を読むことで、合格率を高めるサンプル記事を書けるようになり、スムーズに仕事を受注できるようになります

ひがし

サンプル記事の書き方がよくわからない人は、ぜひ参考にしてください。

目次

Webライターがサンプル記事を書く前に押さえておきたい5つのポイント

サンプル記事5つのポイント

ここでは、サンプル記事を書く前に押さえておきたいポイントについて解説します。

魅力的なサンプル記事を書くためにも、ポイントを押さえておきましょう。

  • サンプル記事で高度な文章を書く必要はない
  • サンプル記事はGoogleドキュメントで書くのがおすすめ
  • 誤字脱字や文章の論理破綻がないよう注意
  • 文字数は3,000文字前後でOK
  • 得意分野や好きなジャンルで記事を書く

「前置きはいいから、早くサンプル記事の書き方を知りたい」という人は「Webライターがサンプル記事を書く7つの手順」にジャンプしてください。

サンプル記事で高度な文章を書く必要はない

サンプル記事で高度な文章を書く必要はありません。
サンプル記事を書く目的は、あなたの文章力を発注者に示し、安心してもらうためです

未経験者であれば最低限の日本語が扱えて、おかしな文章を書いていなければOKです。

ひがし

ポイントは、とにかくわかりやすい文章を書くことです。

「専門的なことを書いてアピールしないといけない」と深く考えず、発注者から見てわかりやすい文章を書きましょう。

サンプル記事はGoogleドキュメントで書くのがおすすめ

サンプル記事はGoogleドキュメントで書くのがおすすめです。
Googleドキュメントを扱えることの証明になり、記事の作成も無料で済むからです。

注意点としては、Googleドキュメントは「非公開設定」になっているので、共有設定にする必要があります。

サンプル記事を読んでもらうために、以下の手順で共有設定を済ませておきましょう。

Googleドキュメントの説明1
【手順1】画面右上の「共有」をクリック

Googleドキュメントを開き、画面右上にある「共有」をクリックします。

Googleドキュメントの説明2
【手順2】リンクを知っている人全員にチェックを入れる

一般的なアクセスから「制限付き」をクリックし、「リンクを知っている全員」にチェックを入れます。

Googleドキュメントの説明3
「リンクを知っている人全員」になったら完了

「リンクを知っている全員」になったら、共有設定は完了です。

誤字脱字や文章の論理破綻がないよう注意

誤字脱字や文章の論理破綻がないよう注意しましょう。
記事内にミスが多いと、ライターとしての能力を疑われるからです

ひがし

そのため、記事が完成したら文章の見直しは必須です。

「ミスなくわかりやすく」を意識して、サンプル記事を作りましょう。

文字数は2,000~3,000文字程度でOK

文字数は多すぎる必要はなく、目安として2,000~3,000文字程度でOKです。

文字数が多いと読むのも大変ですし、文章量が多いほどミスする確率も高くなります

ひがし

多く文字を書くより、品質重視で執筆しましょう。

得意分野や好きなジャンルで記事を書く

得意分野や好きなジャンルで記事を書くことをおすすめします。
自分が得意としている分野であれば情報を調べるのもラクですし、書きやすいからです

得意な分野なんてないよ

という人は、下記のなかから興味のあるジャンルを探してみてください。

クラウドソーシングで募集の多いジャンル
  • IT
  • 金融
  • 転職
  • 美容
  • 副業
  • 恋愛
  • 旅行
ひがし

ジャンルが決まれば、あとは記事を書いていくだけです。

Webライターがサンプル記事を書く7つの手順【例文あり】

サンプル記事を書く7つの手順

サンプル記事を書く手順は以下のとおりです。

  • 応募するジャンルを決める
  • 募集内容を読んでキーワードを決める
  • 想定読者を決める
  • 見出しを考える
  • 情報を集める
  • 集めた情報を文章にする
  • 書いた文章を推敲する

少し手順が多く感じるかもしれませんが、やること自体は簡単です。

ひがし

見本のサンプル記事を以下に載せておくので、ぜひ参考にしてください。

>>サンプル記事【見本】

手順1:応募するジャンルを決める

まずは応募するジャンルを決めます。
クラウドソーシングにもさまざまな仕事があるので、そのなかから自分の得意分野や好きなジャンルに的を絞りましょう。

ひがし

例えば、金融分野が得意なら金融系を、旅行が好きなら旅行系のジャンルでサンプル記事を執筆します。

手順2:募集内容を読んでキーワードを決める

次に、応募を決めたジャンルの募集内容を読んでキーワードを決めます。
キーワードとは、例えば「投資信託 おすすめ」や「旅行 割引」などの、インターネットで検索する際に入力する言葉です。

キーワードと言われても、思いつかないよ

という人は、関連キーワードやサジェストキーワードをチェックしてみてください

関連キーワードは、検索結果ページの下側に表示されます。

関連キーワードの説明

サジェストキーワードは、検索結果ページの検索窓に表示されます。

サジェストキーワードの説明

キーワードを決めたら実際にそのキーワードを入力して検索し、検索結果に出た上位10記事の内容を調べます。

ひがし

自分が執筆しようとしているジャンルの記事を手本にすると、参考になる点が多く書きやすいです。

手順3:想定読者を決める

キーワードを決めたら、想定読者を設定します。
「誰に向けて伝えたいのか」「読者の悩みは何なのか」を想像しながら、設定しましょう。

とはいえ、初心者のうちは「想定読者を決めてください」といわれても、難しいかと思います。
もっとも簡単な方法は、決めたキーワードの検索上位10記事を参考にすることです。

上位10記事の文章を読んで、

「肌トラブルで悩む30代の女性向けに書いてるのかな」とか「転職したいけどよい会社が見つからず悩んでいる20代の男性向けに書いてそう」とざっくりわかればOKです。

ひがし

上位記事が設定している想定読者を参考にしましょう。

手順4:見出しを考える

想定読者を決めたら、文章の見出しを考えます。

見出しとは、書籍や新聞などのさまざまな文章において要点を短い言葉にまとめた、最初に置かれる言葉です。

下記のように見出しを作ります。

h2転職先を選ぶ際に見るべき3つのポイント
h3仕事内容
h3企業情報
h3職場環境

h2を大見出し(おおみだし)、h3を小見出し(こみだし)といいます。
記事は大きなテーマから先に決めて、そのテーマを説明する見出しを作ります。

見出しを作る際のポイントは、パッと見ただけで内容がわかるようにすることです。

読者は見出しを見て記事を読むか判断するので、書いてある内容がパッと見でわかる見出しにする必要があります。

手順5:情報を集める

見出しを決めたら構成は終わりなので、次は書く前の準備として情報を集めます。

1見出しの目安文字数は、200~300文字です。
少なすぎても中身のない見出しに見え、多すぎると読むのが面倒だからです。

ひがし

情報が多いほど文章は書きやすいので、少なくとも1見出しあたり300文字前後は情報を集めておきましょう。

手順6:集めた情報を文章にする

文章を書く際は「PREP法」を使って執筆します。
PREP法とは「結論→理由→具体例→結論」の流れで伝える文章構成のことです。

ひがし

PREP法を使うことで、話す・書くどちらの場面でも、相手に情報をわかりやすく伝えられます。

PREP法の例文を以下にまとめてあるので、参考にしてください。

結論:PREP法は、Webライターにとって基本的な文章執筆の型です。

理由:なぜなら、伝えたい情報を相手にわかりやすく伝えられるからです。

具体例:実際、PREP法で執筆するようレギュレーションで定めている発注者もいます。

結論:発注者がレギュレーションで定めるほど、PREP法は基本的な文章執筆の型として定着しています。

PREP法の書き方について詳しく知りたい人は、以下の記事を読んでみてください。
初心者Webライター向けに、PREP法の書き方を解説しています。

>>【例文あり】PREP法の書き方を中学生でもわかるように解説!

手順7:書いた文章を推敲する

最後に、書いた文章を推敲します。
推敲とは、文章に書かれている内容を修正して、ミスなく読みやすい文章に仕上げる作業です。

推敲を怠ると、誤字脱字などの簡単なミスを見落としたり文章の論理破綻に気づけないおそれもあるので、必ずおこないましょう。

推敲する際の主なポイントは以下のとおりです。

  • 誤字脱字はないか
  • 意味のわからない文章になっていないか
  • 1文が80文字以上になっていないか
  • 語尾が3回以上続いていないか
  • 結論から文章を書けているか
ひがし

推敲する際に便利なのが「音読」です。音読すると読みにくい箇所を発見しやすいので、ぜひ試してみてください。

まとめ:サンプル記事はWebライターにとって強力な武器になる!

初心者Webライター向けにサンプル記事の書き方について解説しました。

この記事の要点を以下にまとめます。

  • サンプル記事で高度な文章を書く必要はない
  • 誤字脱字や文章の論理破綻がないように注意
  • 文字数は3,000文字前後でOK
  • 得意分野や好きなジャンルで記事を書く
  • 検索結果の上位10記事を参考に記事を書く

発注者にあなたの実力を証明するサンプル記事を提出しましょう。
特にWebライター未経験者にとってサンプル記事は、文章力を示せる強力な武器になります

提出できる記事がまったくない…

という人は、サンプル記事を作って条件のよい案件を受注しましょう。

採用される確率を高めたい人は、以下の記事を読むのもおすすめです。
クラウドソーシング案件の応募に欠かせない、提案文の書き方について解説しています。

>>【採用率UP】Webライターの提案文の書き方を初心者向けに解説!

コメント

コメントする

目次