WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

【高単価】初心者Webライターでも稼げるおすすめのジャンルを紹介!

読了予測:約 7 分

この記事で解決できる悩み
  • 初心者におすすめのジャンルが知りたい!
  • 単価の高いジャンルを教えて!
  • ジャンルってどういう基準で選べばいいの?

上記の悩みや疑問を解決します。

本記事の信頼性
X(旧Twitter):ひがし(@Y_writer1990

初心者Webライターによくある悩みがジャンル選び。

なるべくなら高単価の仕事をして、効率よく稼ぎたいと誰しも思うでしょう。

本記事では、高単価のジャンルや初心者におすすめのジャンルについて解説しています。

この記事を参考に高単価のジャンルを選べば、効率よく稼げるようになります

ひがし

ジャンル選びで迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

目次

Webライターがジャンルを選ぶ際の3つの基準

Webライターがジャンルを選ぶ際の3つの基準

ここではジャンルを選ぶ際の基準について解説します。

  • 得意なジャンル
  • 興味のあるジャンル
  • 経験のあるジャンル

ひとつずつ見ていきましょう。

おすすめのジャンルを早く知りたい人は、以下の青文字をクリックしてください。該当ページにジャンプします。

高単価で稼ぎやすいジャンル

初心者Webライターにおすすめのジャンル5選

得意なジャンル

初心者の人には、得意なジャンルを選ぶのがおすすめです。

知識のないジャンルで記事を書くと、知識不足で時間がかかるからです。

ひがし

一方、得意なジャンルであれば知識や経験が豊富なので、執筆に係る時間を短縮し効率よく稼げます。

興味のあるジャンル

興味のないジャンルで記事を書くとWebライターの仕事が苦痛に感じ、挫折する可能性が高くなります。

ひがし

ぼくはまったく興味のない「占い」のジャンルで記事を書いたことがあります。月に5万円くらい稼げましたが、興味がないのでかなり苦痛でした。

そのため、Webライターの仕事を楽しく継続するためにも、興味のあるジャンルを選ぶのがおすすめです。

興味のあるジャンルであれば勉強するのも苦にならないので、知識も増えて得意分野になりやすいです。

Webライターの仕事で安定して稼ぐためには継続することが前提になるので、自分が継続しやすいジャンルを選びましょう。

経験のあるジャンル

経験のあるジャンルを選ぶのもおすすめです。

経験のあるジャンルなら実体験をもとに記事を書けるので、説得力のある文章が書けます

ひがし

失敗した経験でも成功した経験でも、実体験は読者にとって貴重な情報です。

高単価で稼ぎやすい5つのジャンル

高単価で稼ぎやすい5つのジャンル

ここでは高単価で稼ぎやすいジャンルを紹介します。

  • 金融
  • 医療
  • 不動産
  • 法律
  • Webマーケティング

高単価の仕事は誰でも簡単に書けるわけではないので、専門性が必要です。

しかし、単価が高く効率よく稼げるので、のちのち狙っていきたいジャンルです。

ひとつずつ解説します。

金融

金融は需要が高く稼ぎやすいジャンルで、クラウドソーシングサイトでも多くの募集があります。

金融の分野は、以下のようなものがあります。

  • クレジットカード
  • 株式投資
  • FX
  • 保険
  • 仮想通貨

専門性が必要な分野もありますが、文字単価1円程度であれば専門性がなくてもできる仕事もあります

そのため「専門性がないから自分には無理だ」と諦めず、気軽に応募してみるのもありです。

ひがし

金融は自分の生活にも役立つ知識なので、Webライターの仕事で稼ぎつつ自分の生活を豊かにできる、おすすめのジャンルのひとつです。

医療

医療は専門性が求められるケースが大半なので、初心者は簡単に案件を受注できません。

医療のジャンルで案件を受注するなら、医師や看護師の免許・医療現場で働いてきた経験が求められます

そのため、医療の資格や経験のない人にはおすすめしないジャンルです。

不動産

不動産は需要が高く専門性が求められるジャンルなので、単価が高い傾向があります。

専門性が求められるので、不動産業界で働いていた経験のある人や宅建の資格を持つ人が優遇されます。

ひがし

宅建の資格を取ろうと思うと多くの時間と労力がかかるので、不動産関連の経験や資格のない人にはおすすめしません。

法律

専門性が高く、弁護士の資格を持っていないと案件を受注するのは難しいでしょう。

法律について書ける人が少ないので高単価ですが、初心者が狙うのはきびしいジャンルです。

Webマーケティング

Webマーケティングは需要が高いわりに、経験や資格が必須ではないおすすめのジャンルのひとつです。

仕事を取るコツは、Webマーケティング関連の実績を作ることです。

例えば「SEOで検索1位を取った」「Twitterのフォロワーが3,000人いる」「ブログの月間PV1万」などの実績が挙げられます。

上記の実績はマーケティング業界に転職しなくても、ブログやSNSを副業で運営すれば作れる実績です。

ひがし

Webライターの仕事においてマーケティングの知識は役に立つので、マーケティングの仕事は積極的に狙うとよいでしょう。

初心者Webライターにおすすめのジャンル4選

初心者Webライターにおすすめのジャンル4選

ここでは初心者Webライターにおすすめのジャンルを紹介します。

初心者におすすめのジャンルは以下のとおりです。

  • IT
  • 転職
  • 恋愛
  • エンタメ

上記のジャンルは未経験者向けの案件が多かったり経験している可能性の高いジャンルです。

自分にピッタリのジャンルを探してみてください。

IT

IT系のジャンルの案件は急速に増えており、案件数が豊富です。

一言でITといっても幅広く、以下のような分野があります。

  • AI
  • 機械学習
  • IOT
  • ガジェット
  • SaaS
ひがし

ぼくもITジャンルを多く執筆していて、SaaSについて知識がなくても文字単価1円で仕事をしていました。知識のない初心者でも高単価の案件が多い印象です。

ITについて知識のないぼくでも文字単価1円で仕事ができていたので、ITの知識が豊富な人ならさらに高単価の仕事が狙えるでしょう。

転職

専門知識のない初心者でも書きやすいので、おすすめのジャンルのひとつです。

転職経験のある人なら、その経験を発注者にアピールすると仕事を取りやすくなります。

恋愛

恋愛や婚活のジャンルは、専門知識を必要としないので初心者でも始めやすいです

ひがし

ぼくもWebライターの仕事を始めて3ヵ月後くらいに、恋愛ジャンルの案件で執筆していました。

経験がなくても仕事はできますが、マッチングアプリを利用した経験があると選考において有利になるでしょう。

エンタメ

エンタメも専門知識が必要ないので、初心者でも始めやすいジャンルです。

エンタメは以下のような分野があります。

  • マンガ
  • アニメ
  • ドラマ
  • 映画
  • 芸能ニュース

幅広い分野のなかから、自分が特に興味のあるジャンルを選んで仕事ができます

ひがし

ただし専門性の低いジャンルなので、単価は低いです。

初心者Webライター向け×稼げるジャンルは「転職」

ここまで初心者向けのジャンルや稼ぎやすいジャンルを紹介してきました。

初心者向けでかつ稼ぎやすいおすすめのジャンルは、転職です。

転職に関連した仕事をしていなくても、転職経験や転職サイトを利用した経験のある人は多いと思うので、初心者でも挑戦しやすいです。

初心者でも挑戦しやすいわりに需要が高く、高単価の案件が豊富にあります

「どのジャンルから始めればいいのかわからない」という人は、こだわりでもない限り転職ジャンルから始めるのがおすすめです。

ジャンルを選んだらWebライターの仕事を始めてみよう!

Webライター初心者向けに、高単価のジャンルやおすすめジャンルを紹介しました。

高単価で稼ぎやすいジャンルは、下記の5つです。

  • 金融
  • 医療
  • 不動産
  • 法律
  • Webマーケティング

専門性が高いので初心者が受注するのは難しいですが、高単価なのでチャンスがあれば狙っていきたいジャンルです。

初心者でも比較的に受注しやすいのは「金融」「Webマーケティング」です。

狙っていくのであれば、受注率を高めるために書籍や動画で学ぶとよいでしょう。

初心者におすすめのジャンルは以下のとおりです。

  • IT
  • 転職
  • 副業
  • 恋愛
  • エンタメ

上記のなかから、自分が得意・興味のあるジャンルを選びましょう。ジャンルが決まったら、実際にWebライターの仕事を始めてみてください。

初心者Webライターの仕事の取り方については以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある人は読んでみてください。

コメント

コメントする

目次