WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

【超初心者向け】Webライターがテストライティングに高確率で合格する7つのコツ

読了予測:約 8 分

テストライティングになかなか受からない。少しでも合格率をアップする方法が知りたい!

クラウドソーシングサイトを利用していると、ほぼ確実に存在するテストライティング。テストライティングまではいっても、合格できず仕事が取れない人も多いでしょう。

本記事では、テストライティングに高確率で合格するコツについて解説しています。

この記事を読むことで苦戦していたテストライティングで合格できるようになり、効率よく仕事を取って稼げるようになります

ひがし

5分もあれば読めるので、テストライティングで苦戦している人は最後まで読んでみてください。

本記事の信頼性
X(旧Twitter):ひがし(@Y_writer1990
目次

Webライターがテストライティングに高確率で合格する7つのコツ

Webライターがテストライティングに高確率で合格する7つのコツ

テストライティングに高確率で合格するコツは下記のとおりです。

  • 納期の2~3日前に納品する
  • レギュレーションを守る
  • 納品前に誤字脱字チェックをおこなう
  • 納品前にコピペチェックをおこなう
  • 掲載先のトンマナに合わせる
  • わからないことは質問する
  • フィードバックを素直に反映する

どれも意識すれば簡単にできることばかりなので、ぜひ試してみてください。

納期の2~3日前に納品する

納品は2~3日前におこなうのが望ましいです。

納期ギリギリになると発注者は不安になるだけでなく、修正や入稿作業に余計なストレスを感じます

そのため、納期の2~3日前には納品するよう心がけましょう。ただし、納期を意識しすぎて質が落ちることは避けてください。

ひがし

高品質を維持したまま、納期の2~3日前に納品するのが理想です。

レギュレーションを守る

ルールを守ることは、記事制作においてもっとも基本的なことです。

ライティングする際には、記事の品質を一定に保つことを目的とした「レギュレーション」というルールがあります。

レギュレーションを守らないとトンマナ(トーン&マナー)や品質にズレが発生し、発注者に迷惑をかけます。

レギュレーションを守れないと高確率で不合格になるので、決められたルールを守りしましょう。

納品前に誤字脱字チェックをおこなう

発注者からすれば、誤字脱字がないのは当たり前だと思っています。そのため、誤字脱字は入念にチェックしましょう。

誤字脱字をチェックする方法は、音読や誤字脱字チェックツールを用いる方法があります。

ひがし

黙読はミスを見落としやすいのでおすすめしません。執筆が終わったら、必ず音読するか誤字脱字チェックツールを用いて推敲しましょう。

納品前にコピペチェックをおこなう

納品前に「CCD」というコピペチェックツールを使って、コピペチェックをおこないます。

一致率や類似度の数値が高いとコピーコンテンツとみなされ、ほぼ確実に不合格になります

そのため、納品前にコピペチェックを必ずおこないましょう。

一致率は50%、類似度は10%を下回るように指定する発注者が多いです。コピペチェックをして一致率が50%、類似度が10%を上回る場合は修正する必要があります。

掲載先のトンマナに合わせる

トンマナ(トーン&マナー)とは、デザインを統一するためのルールを指します。

具体的には「ですます調で書く」「大見出しで箇条書きを使わない」「口語表現を使わない」などがあります。

トンマナが合わないと修正依頼を出されるか不合格になる可能性が高いので、注意が必要です。

トンマナを確認するには、発注者が関わっているメディアを見せてもらいます。

ひがし

しかし、メディアを見せてもらえないこともあるので、その場合はレギュレーションに記載されている内容を守ったり、発注者に質問しましょう。

わからないことは質問する

わからないことをわからないままにすると、発注者が求める記事を提供するのは難しいです。

Google検索などで調べればわかることを質問するのは問題ですが、調べてもわからないなら質問しましょう。

ひがし

特に想定読者が曖昧でよくわからない場合は、質問するといいです。

フィードバックを素直に反映する

テストライティングを納品した際には、フィードバックを受ける機会があります。

このフィードバックを素直に受け止め、反映できるかがテストライティングで合格するために重要なポイントです。

フィードバックを受けてイライラすることがあるかもしれません。しかし、発注者からしてみれば期待しているからこそフィードバックしていると考えられます。

逆に、何をいっても無駄だと思われていると、フィードバックがないまま仕事を続けることになります。

自身の成長にもつながるので、受けたフィードバックは素直に受け止めて反映するよう心がけましょう。

Webライターがテストライティングを受ける際の注意点5つ

テストライティングを受ける際の注意点5つ

ここではテストライティングを受ける際の注意点について解説します。

  • 無報酬ならテストを受けなくてOK
  • テストの本数が多い案件は避けたほうが無難
  • メッセージの返信は24時間以内が基本
  • 上位記事の内容をマネしすぎない
  • 指定文字数を下回らない

ひとつずつ見ていきましょう。

無報酬ならテストを受けなくてOK

無報酬の場合は、テストを受ける必要はありません。クラウドワークスでも無報酬での仕事依頼は禁止されています

また報酬が極端に低い(10円など)場合も受けなくてもよいでしょう。

ひがし

ただし、直接契約の場合はテストライティングが無報酬のケースが多いので、無報酬で受けるしかありません。

テストの本数が多い案件は避けたほうが無難

ライターの実力や案件の適性を知るためには、何10記事もテストを受ける必要はありません。

実際に1~2記事程度を見ても十分だと思われます。

ひがし

何10記事も依頼するというのは、依頼だけして本契約する気はない可能性があるので、避けたほうが無難です。

メッセージの返信は24時間以内が基本

メッセージの返信は、24時間以内が目安です。

もし24時間以上経っても返信がないと、発注者は不安を感じます。

不安を与えるほど信頼関係を築くのは難しくなるので、不安を与えないように注意する必要があります。

もちろん、1秒でも早く返信するのが望ましいです。

ひがし

返信がすぐにできない場合は、24時間以内に返信しましょう。

上位記事の内容をマネしすぎない

テストライティングをおこなう際には、上位記事を参考にすることが一般的です。

しかし、マネしすぎてパクリコンテンツにならないよう注意が必要です。

上位記事をマネしすぎるとコピペ率が高くなります。コピペ率が高いと発注者からの評価が下がり、不合格になる可能性も高くなります。

また上位記事の内容に似すぎていると、発注者からオリジナリティがないと判断され、合格は難しくなるでしょう。

ひがし

テストライティングで合格するには上位記事を参考にしつつ、自分なりの工夫を加えた記事を書くことが重要です。

指定文字数を下回らない

テストライティングを依頼される際に、指定文字数があります。

指定文字数は多い分には指摘される機会は少ないですが、指定文字数を下回ると発注者から嫌がられるので注意が必要です。

ひがし

ぼくも指定文字数を下回った結果、継続案件の仕事が途切れたことがあります。

発注者からすれば指定文字数でお金を払っているのに、少ない文字数だと損していることになります。

くれぐれも指定文字数を下回らないように注意しましょう。

Webライターのテストライティングについてよくある質問

初心者Webライター向けに、テストライティングで合格するコツを解説しています。合格率を少しでも高めたい人は、必見です。
テストライティングについてよくある質問

最後に、テストライティングについてよくある質問にお答えします。

テストライティングとは何ですか?

テストライティングとは、発注者がライターの実力を確認するためにおこなうテストのことです。

「実力なんて、ポートフォリオを見ればわかるんじゃね?」と思うかもしれません。

しかし、ポートフォリオの記事はよくても、実際に仕事を任せるとうまく書けないケースも少なくありません

文章をうまく書けるかは、ジャンルや発注者との相性によっても変わるので、自社ではうまく書けるのかをテストするわけです。

テストライティングの種類って何パターンありますか?

主に以下の3つです。

  • ライティングのみ
  • 構成作成+ライティング
  • 企業独自のテスト

単価の低い案件だとライティングのみ、単価が高い案件だと構成作成+ライティングが多い印象です。

企業独自のテストもたまに見かけますが、あまり一般的ではないです。

そのため、テストライティングの対策はライティングをメインにおこなうとよいでしょう。

Webライティングのテストでチェックされるポイントが知りたいです

Webライティングのテストでチェックされるポイントは、下記のとおりです。

  • 基礎的なライティングスキルがあるか
  • マナーのよい人か
  • 最低限のコミュ力があるか
  • 納期を守れるか(早く納品するほど好印象)
  • フィードバックを素直に反映してくれるか

上記を見てもわかるとおり、さして難しいことは求められません。

当たり前のことを当たり前にできる人を発注者は求めています。

テストライティングで合格するために何を勉強すればいいですか?

テストライティングは、ライティングスキルを確認するのが主な目的なので、ライティングについて勉強するのが最優先です。

単価の高い案件を狙うなら「SEO」「構成作成」の勉強もおすすめですよ。

テストライティングで必要な知識を学べるだけでなく、実務でも役に立つので一石二鳥です。

まとめ:テストライティングに合格して仕事を獲得しよう!

クラウドソーシングサイトで仕事を受注する場合は、ほぼ確実にテストライティングが必要です。テストライティングに合格しなければ、仕事を受注することができません。

そのため初心者がWebライターとして仕事を勝ち取るためには、テストライティングに合格することが不可欠です。

今回の内容を参考にしてテストライティングで合格し、安定して仕事を取れるようになりましょう。

仕事を取りつつ、効率よく稼ぐためにWebライティングの勉強もしておくのがおすすめです。

Webライティングの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。Webライティングを本格的に勉強したい人は、ぜひ読んでみてください。

コメント

コメントする

目次