WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

Webライターにおすすめのパソコン3選!失敗しないための選び方も解説

読了予測:約 10 分

悩める男性

Webライターにおすすめのパソコンは?

どういう基準でパソコンを選べばいいの?

パソコン以外で準備しておいたほうがいいものは何?

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事の信頼性
X(旧Twitter):ひがし(@Y_writer1990

Webライターの仕事でほぼ必須といえるパソコンですが、種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね。

本記事では、Webライターのパソコンの選び方や、おすすめのパソコンなどを紹介しています。

この記事を読めば、あなたがどのパソコンを選べばよいのかわかります

ひがし

パソコン選びで迷っている人は、最後まで読んでみてください。

目次

Webライターのパソコンの選び方【5つのポイント】

Webライターのパソコンの選び方は、以下5つのポイントがあります。

  • ノートパソコンかデスクトップか
  • WindowsかMacか
  • 必要最低限のスペックはあるか
  • パソコンの適性な価格はどれくらいか
  • パソコンのサイズはどれくらいが最適か

1つずつ解説していきます。

ノートパソコンかデスクトップか

ノートパソコンにするかデスクトップパソコンにするかで迷う人も多いでしょう。

結論からいうと、ノートパソコンがおすすめです。

ノートパソコンは持ち運べるので、カフェやコワーキングスペースなどでも仕事ができます。

仕事場所を限定されずに働けるのがWebライターの魅力のひとつです。

デスクトップパソコンにしてしまうと、仕事場所の選択肢が自宅だけになります

ひがし

また、ノートパソコンは性能的にも十分なので、持ち運びに便利なノートパソコンをおすすめします。

WindowsかMacか

WindowsかMacで迷う人も多いと思います。

結論、Webライター初心者はWindowsで十分です。

機能的にはWindowsで十分なので、何10万円を出してまでMacにする必要はありません。

それに、Macを購入してWebライターをやめてしまった場合、何10万円のお金がムダになる可能性があります。

上記のリスクもあるので、初心者はWindowsがおすすめです。

必要最低限のスペックはあるか

超高性能なパソコンは必要ありませんが、必要最低限のスペックはあったほうがいいです。

ひがし

ぼくも経験があるんですが、低スペックのパソコンは動作が遅く、生産性が悪いです。

生産性が悪いだけでなくストレスも溜まるので、必要最低限のスペックのあるパソコンにしましょう。

以下の表に必要最低限のスペックの基準をまとめたので、参考にしてみてください。

スペック必要なスペックの目安
CPU・intel:Core i5
・AMD:Ryzen5
メモリ8GB
ストレージ128GB SSD

パソコンの適性な価格はどれくらいか

パソコンの適性な価格を知っていないと、パソコン選びで失敗する恐れがあります。

パソコンの適正な価格は、3万円以上~10万円以下です。

ひがし

この価格は、必要最低限のスペックと実際に購入した経験を基にしています。

3万円以下のパソコンは動作が遅くてイライラしますし、かといって10万円以上のパソコンほど高性能なスペックは、Webライターの仕事に必要ありません。

そのため、3万円以上~10万円以下を目安にパソコンを選んでみてください。

パソコンのサイズはどれくらいが最適か

これはぼくがパソコンを購入する際にかなり迷いました。
デカいのは持ち運びする際に重いし、かといって小さすぎると作業しづらいです。

実際に使ってみて最適だと思うサイズは、13~14インチです。

13~14インチなら画面も見やすいですし、仕事をするのにもストレスがかかりません。

もちろん、デカい画面のほうが仕事はしやすいのですが、それは後述する「デュアルモニター」を使えば解消できる問題です。

ひがし

ぼくはデュアルモニターを使って仕事をしているので快適です。

ほど良いサイズの目安として、13~14インチのパソコンの購入を検討してみてください。

Webライター向けのパソコンおすすめランキング3選

Webライター向けにおすすめのパソコンを紹介します。

  • 1位:DELL Inspiron 14AMD
  • 2位:Lenovo
  • 3位:MacBook Air M2

1位:DELL(デル)Inspiron 14AMD【コスパ抜群】

スペックスペックの概要
CPURyzen5
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
画面サイズ14インチ
重量‎1.54kg
価格(Amazon)99,800円(2024年6月時点)

1番おすすめなのは「DELL Inspiron 14AMD」です。

おすすめポイント
  • CPUがRyzen5であり動作が早い
  • 画面サイズが14インチあり見やすい
  • 1.54kgと、ギリギリ持ち運べる重さ

スペックが高いわりに価格は安い、コスパ抜群のノートパソコンです。

特に優れているのは動作の早さで、初めてDELLを使ったときは感動するほどでした。

ひがし

DELLを購入する前は、動作の遅いパソコンにイライラしていました。

動作が遅いと生産性にもストレスにも悪影響があるので、CPUにはこだわりましょう。

デメリットは特になく満足しているのですが、強いていうなら持ち運びする際に重さを感じることです。

持ち運べない重さではないですが、人によってはストレスを感じるかもしれません。

そのため、カフェやコワーキングスペースなどを利用したい人は、14インチ以下のパソコンの購入を検討すると良いでしょう。

2位:Lenovo(レノボ)IdeaPad Flex 3i Gen8【3万円台と安い】

スペックスペックの概要
CPUIntel N100
メモリ4GB
ストレージ64GB eMMC
画面サイズ12.2 インチ
重量1.25kg
価格(Amazon)35,657円(2024年6月時点)

次に紹介するのは「Lenovo IdeaPad Flex 3i Gen8」です。

Webライターの仕事をするのに少し不便なスペックですが、3万円台で購入できます。

ひがし

「試しにパソコンを購入してみたい」「Webライターの仕事はお小遣い稼ぎができればいい」という人におすすめです。

3位:MacBook Air M2【テンションが上がる】

スペックスペックの概要
CPU8コア
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
画面サイズ13インチ
重量1.24kg
価格(Amazon)140,202円(2024年6月時点)

最後に紹介するのは「MacBook Air M2」です。

おすすめポイント
  • 動作が早くて高性能
  • 画面が高品質で明るい
  • バッテリーの持続時間が長い
  • 重量が1.24kgと軽いので持ち運びに便利

さすがに高価格なだけあって、動作も早く高性能です。バッテリーの持続時間が長いので、DELL以上にストレスを感じさせないパソコンです。

また、重量が1.24kgと軽いのもうれしいポイント。持ち運びする際にもストレスを感じません。

ひがし

個人的には「Macを購入した」という高揚感がうれしかったです。ほかのパソコンでは味わえません。

デメリットはおわかりだと思いますが、価格が高いことです。Webライターの仕事でMacの性能がいるかといわれれば、不要です。

そのため、第3位にしました。

Appleのヘビーユーザーやテンションを上げて仕事をしたい人は、購入を検討してみてください。

Webライターならそろえておきたいパソコンの周辺機器4選

Webライターならそろえておきたいパソコンの周辺機器を解説していきます。

  • インターネット回線
  • マウス
  • デュアルモニター
  • イヤホン

インターネット回線

Webライターはインターネットを利用して仕事をするので、インターネット回線は必須です。

ひがし

光回線やホームルーターなどと契約しましょう。

オススメのインターネット回線
  • SoftBank光:フレッツ光より安く、お得に契約できる
  • MEC光:IPoE接続という次世代のネットワークを採用しており、安定した高速通信が可能
  • @TCOMヒカリ:通信速度を表彰する「RBB SPEED AWARD」において、4年連続で最優秀賞を受賞

マウス

マウスがあると便利です。

なくてもWebライターの仕事はできますが、トラックパッドで操作してもマウスポインタ(画面上の矢印)が動かしづらく、生産性が悪いのでおすすめしません。

マウスも安いものなら1,000円もかからないので、それで生産性が良くなるなら安いものです。

デュアルモニター

デュアルモニターとは、2つのモニターを使って、1つのコンピューター上で複数の作業が同時にできるセットアップを指します。

デュアルモニターを使えば、資料を見ながら記事を書けて便利です。

ひがし

Webライターの仕事の生産性を高めたい人は、デュアルモニターの利用を検討してみてください。

イヤホン

集中して作業するために、イヤホンもあるといいです。

雑音が原因で集中を妨げられることも多いので、雑音対策をしておくと良いでしょう。

なお、個人的におすすめのイヤホンは「Apple AirPods」です。音質も良くバッテリーも長持ちです。

ひがし

ぼくは以前5,000円くらいのイヤホンを買って後悔したので、買うならAirPodsをおすすめします。

Apple(アップル)
¥19,000 (2024/06/21 12:40時点 | Amazon調べ)

Webライターがパソコン以外に準備したいもの

Webライターがパソコン以外に準備したいものは、以下のとおりです。

  • Googleアカウント
  • 文章作成ソフト
  • クラウドソーシングのアカウント
  • 楽天銀行の口座
  • WordPressブログ
  • Webライティングの本
  • Webライター向けツール

スムーズにWebライターの仕事を始めるためにも、パソコン以外にも準備しておきましょう。

Webライターがパソコン以外に準備したいものは以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

>>Webライターを始めるのに最低限必要なもの・準備すると良いもの12選を紹介!

Webライターのパソコンに関するよくある質問

最後に、Webライターのパソコンに関するよくある質問にお答えします。

Webライターの仕事はパソコンがないとできないでしょうか?

スマホやタブレットでもできますが、画面が小さくて作業しづらいのでおすすめしません

生産性や快適性を高めるためにも、パソコンを購入すると良いでしょう。

3万円以下の安いパソコンでもWebライターの仕事はできますか?

できますが、動作するのが遅いので生産性は悪くなります。

ひがし

実際、ぼくも中古で1万円くらいのパソコンを買ったのですが、動作が遅くてイライラしました。

仕事をする以上、快適に仕事をできるかも重要なので、投資と割り切って3万円以上のパソコンの購入をおすすめします。

Webライターになるために必要なパソコンスキルは何でしょうか?

Webライターになるために必要なパソコンスキルは、以下のとおりです。

  • 基本的なパソコン操作
  • タッチタイピング
  • 文章作成ソフトの操作

Webライターとして稼ぐならほかにも必要なスキルはありますが、Webライターになるだけなら上記のスキルがあれば十分です。

ひがし

人にもよりますが、1週間~1ヵ月ほど練習すればできるようになります。

まとめ:パソコンを購入したらWebライターの仕事を始めよう!

Webライターにおすすめのパソコンは以下のとおりです。

コスパを重視するなら「DELL Inspiron 14AMD」「Lenovo IdeaPad Flex 3i Gen8」を選び、性能を重視するなら「MacBook Air M2」を選ぶと良いでしょう。

パソコンを購入したら、Webライターの仕事を始めてみてください。Webライターの始め方は、以下の記事で詳しく解説しています。

【Webライターの始め方】未経験からWebライターになれる方法を解説!

コメント

コメントする

目次