WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

Webライターはメリットの多い魅力のある仕事!11のメリットと7つのデメリットを紹介

読了予測:約 12 分

質問する男性

Webライターの仕事に興味があるけど、始めるとどんなメリットがあるんだろう?

結論から言うと、Webライターの仕事は数多くのメリットがあるので、おすすめの仕事のひとつです。

具体的なメリットは後述しますが、おそらくあなたが考えている以上に多くのメリットがあります。

本記事では、Webライターの仕事をするメリットやデメリットを紹介し、最後にはWebライターに向いている人の特徴についてお伝えします。

この記事を読むことでWebライターの仕事の魅力を知り、あなたがWebライターを始めるべきか明確にわかります

ひがし

Webライターの仕事に興味のある人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

本記事の信頼性
X:ひがし(@Y_writer1990
目次

Webライターの仕事をする11のメリット

Webライターの仕事をする11のメリット

Webライターの仕事をするメリットは下記のとおりです。

  • 文章を書くのがうまくなる
  • 未経験から始めやすい
  • 初期投資が少ない
  • 在宅で仕事ができる
  • わかりやすい説明ができるようになる
  • アフィリエイトで稼げるスキルが身につく
  • 通勤しなくて済む
  • 上司から攻撃されずに済む
  • 営業力が身につく
  • 発言に説得力が出る
  • 情報を整理できる

ひとつずつ見ていきましょう。

文章を書くのがうまくなる

Webライターの仕事をするメリットのひとつは、”文章を書くのがうまくなる”ことです。

執筆回数をこなすほど文章を書くのに慣れて、文章を書くのがうまくなります

また、Webライターの仕事では大半の発注者はマニュアルを用意しています。

ひがし

文章の基本的な書き方や仕事のルールが書かれているので、マニュアルからも多くのスキルを学べますよ。

未経験から始めやすい

未経験から始めやすいのが大きなメリットです。

ひがし

プログラマーなどの専門職であれば、プログラミングスキルが必須です。一方、Webライターは日本語を書く仕事なので、日本語さえわかれば誰でもできます。

未経験者でも、文字単価0.5円以上の求人は少なくありません。

そのため、Webライターを始めてから3ヵ月以内に月収1万円くらいなら十分可能です。

初期投資が少ない

初期投資が少ないのが、Webライターの魅力です。

パソコンやネット環境は必要ですが、すでにパソコンとネット環境があるなら、初期費用0円から始められます。

仮にパソコンを持っていなくても、高性能のパソコンは必須ではないので、3万円程度のパソコンで十分です。

勉強代も書籍を数冊読めば十分なので、高額なスクールに通ったり講座を受けたりする必要もありません。

在宅で仕事ができる

在宅で仕事ができると本当にラクです。ぼくはリモートワークで仕事しているので、通勤もありません。

浮いた時間をブログ執筆や副業に使えるので、在宅ワークはおすすめです。

ひがし

また場所を選ばずに仕事ができるので、お気に入りのカフェやラウンジで仕事できるのも楽しいですよ。

わかりやすい説明ができるようになる

Webライターは情報をわかりやすく書くことが求められるので、わかりやすい説明ができるようになります。

わかりやすい説明ができることはどんな仕事でも求められるスキルなので、大きなメリットです。

ひがし

例えば、上司への報連相、会議で使う資料作成、営業でクライアントに商品やサービスの説明をするなど、使える場面は数多くあります。

副業で収入を得られるのはもちろん、わかりやすい説明までできるようになるのは、大きなメリットだといえるでしょう。

アフィリエイトで稼げるスキルが身につく

初心者にはあまり関係ない話ですが、Webライターの仕事をやっているとアフィリエイトで稼げるスキルが身につきます。

わかりやすく論理的な文章が求められるので、アフィリエイトで商品やサービスを紹介するときにも、説得力があるのです。

例えば、「めちゃめちゃおすすめなので買ってください!」と強引に売りつけられるよりも、「この商品は〇〇の機能が付いている優れものです。〇〇で悩む人は、ぜひ使ってみてください」というほうが、説得力があります。

ブログを運営してアフィリエイトで稼ぎたい人にも、Webライターの仕事はおすすめです。

通勤しなくて済む

個人的に大きなメリットだと思っています。

ひがし

共感してもらえると思いますが、通勤てイライラするし疲れるし、おまけに給料まで出ない苦行だと考えています。

また、通勤で失う時間も少なくありません。

上の計算通りに行く人は少ないかもですが、いずれにしろ通勤で失う時間が少なくないのは伝わると思います。

時間を有効活用したい人は、Webライターの仕事はメリットが大きいですよ。

上司から攻撃されずに済む

上司から攻撃されて苦しんでる人も多いでしょう。

ひがし

ぼくも精神へのダイレクトアタックを3万回は受けてるので、気持ちはよくわかります。

あなたも上司から多かれ少なかれ攻撃され、苦しんだ経験があるのではないでしょうか。

Webライターの仕事は高圧的な上司と関わる可能性はほぼ0なので、快適に仕事ができますよ。

営業力が身につく

Webライターの仕事をしていると、営業力が身につきます。基本的には仕事を受注するために営業する必要があるので、営業力を鍛えられるのです。

また、自分の価値を少しでも高める提案文の書き方や自己PRなど、学べることがたくさんあります。

ひがし

営業力はWebライターの仕事に限らず、さまざまな仕事で活かすことができるスキルなので、身につけておくと便利です。

発言に説得力が出る

Webライターは読者の悩みや疑問を解決する記事を書く仕事です。

悩みや疑問を解決するためには、わかりやすい文章を書くのはもちろん、読者が行動しやすいように納得してもらう必要があります

つまり、説得力のある文章を書くことを求められるので、発言に説得力が出るのです。

ひがし

納得しないと人はなかなか行動しようとしないですからね。

そのため、説得力のある文章を書く練習になります。発言に説得力があると、営業や企画の仕事をしている人にメリットが大きいといえるでしょう。

情報を整理できる

Webライターの仕事をしていると、情報を整理するのに役立ちます。Webライターは読者の悩みを解決できる質の高い記事を書くために、情報を集める必要があります

そして、集めた情報を読者にわかりやすく伝えないといけないので、集めた情報を整理します。

ひがし

情報を整理する能力はWebライターの仕事に限らず、ほかの仕事や学業でも役立ちますよ。

Webライターの仕事をする7つのデメリット

Webライターの仕事をする7つのデメリット

ここでは、Webライターの仕事をするデメリットについて解説します。

「Webライターの仕事を始めようか迷っている」という人は、メリットだけでなくデメリットも把握したうえで、始めるか検討してみてください。

  • 最初は稼ぎにくい
  • 文章を書くのがめんどくさい
  • 孤独感を感じやすい
  • 記事を書かないと収入にならない
  • ライバルが多い
  • 泥臭く営業しないといけない
  • 勉強することが山ほどある

順番に解説します。

最初は稼ぎにくい

実績がないうちは単価が安いです。そのため、実績を積んで単価を上げるまではきついと感じる人も多いでしょう。

ひがし

単価の低い案件のなかには、文字単価0.1円以下の案件もあります。文字単価0.1円だと、1万文字書いたところでたった1,000円です。

また、未経験の人は書くのに慣れていないため、人によっては1記事書くのに10時間以上かかることも

しかし、単価が安くて時間がかかるのは最初だけです。

最初のきつい時期を乗り越えれば、稼ぎにくいデメリットを解消できます。

文章を書くのがめんどくさい

2つ目のデメリットは、慣れるまで時間がかかることです。特に、未経験者は1記事書くのに2日以上かかることも少なくありません

慣れるまでが大変なので、「文章を書くのがつらすぎる」とWebライターをやめてしまう人も多いのでしょう。

しかし、何回も執筆して慣れてくると、文章を速く書くコツもわかってきます。

コツさえつかめば、どんどん短時間で執筆できるようになります

文章を書くのが遅くて悩んでいる人は、以下の記事を参考にしてください。文章を速く書くコツについて詳しく解説しています。

【ライティングの極意】文章を速く書くコツを公開!

孤独感を感じやすい

Webライターは基本的にずっと家のなかで1人作業をする仕事です。

そのため、孤独を感じることが少なくありません。

ぼくは1人でいるのが苦ではないですが、孤独感を感じやすい人にとってはつらいんだろうなと思います。

ひがし

孤独感を感じやすい人は、TwitterやInstagramなどでWebライター仲間を作ったり、オンラインサロンに参加すると孤独感の解消につながるでしょう。

記事を書かないと収入にならない

Webライターは発注者に記事を納品することで、報酬をいただく仕事です。

そのため、記事を書かないと収入になりません。

体調を崩したり病気になって寝込んでしまうと、収入がストップするおそれもあります。また、継続して仕事をもらっていた発注者から契約を打ち切られて仕事がなくなるケースも少なくありません。

ブログのように、成功すれば自動的に収入が発生する仕事ではないので、収入が突然なくなるかもしれないリスクは頭に入れておくとよいでしょう

ライバルが多い

Webライターは新規参入しやすいので、ライバルが多いといわれています。

ちょっと古いですが、以下のデータをご覧ください。

フリーランス人口の調査まとめ
出典:ランサーズ「フリーランス実態調査2021

上のデータは2021年のものですが、フリーランス人口は前年から57%増加し、経済規模も約10兆円増加しています。

「フリーランスが増えている=Webライタが増えている」わけではないですが、Webライターの数も増えていると考えられます。

数が増えているということは、仕事を取りあうライバルも増えているということ。

当然、ライバルに負けると仕事が取りにくくなるので、収入が安定しないおそれがあります

泥臭く営業しないといけない

実績のあるライターは発注者から仕事依頼もありますが、実績のないライターは自分で営業し、仕事を取る必要があります。

「Webライターなんて家にこもって、キーボードをカチャカチャする仕事でしょ」と思うかもですが、あなたが想像している以上に泥臭い仕事ですよ。

営業するのに時間を使うのはもちろん、ポートフォリオを作ったり、提案文を作成して提出したりする必要があります

ひがし

「営業って苦手なんだよね」という人は、Webライターの仕事が苦痛に感じるかもしれません。

勉強することが山ほどある

Webライターは以下のように、勉強することが山ほどあります。

  • ライティング
  • SEO
  • 構成作成
  • マーケティング
  • デザイン
  • WordPress
  • セールスライティング

また、SEOやマーケティングは時代の変化によってトレンドも変わるので、常に勉強が求められます。

ひがし

そのため「勉強するのが苦痛で仕方ない」という人は、Webライターに向いてない可能性があります。

Webライターに向いてる人の特徴

Webライターに向いてる人の特徴

Webライターをするメリット、デメリットについて紹介してきました。

メリット、デメリットを考慮すると、Webライターに向いている人は下記の特徴を持った人です。

  • 文章を書くのが苦痛でない人
  • 1人でいるのが好きな人
  • じっと座ってられる人
  • 在宅で仕事したい人
  • 勉強や情報収集が好きな人
  • 向上心のある人
  • 細部にこだわれる人

特にWebライターに向いていると考えられる人は、「文章を書くのが苦痛でない人」です。

ひがし

文章を書くのが苦痛に感じるなら、文章を書く仕事のWebライターはつらく感じると思うので、向いていないと考えられます。

文章を書くことが苦痛でない人は、Webライターの仕事をおすすめします。

Webライターに向いてる人の特徴については下記の記事で詳しく解説しているので、興味のある人は参考にしてください。

Webライターに向いてる人の7つの特徴!自信が持てない時の対処法も紹介

Webライターに向いてない人の特徴

Webライターに向いてない人の特徴

Webライターに向いてない人も紹介しますね。

下記に該当する人は、Webライターに向いてない可能性があります。

  • 文章を書くのが苦痛な人
  • 勉強が苦手な人
  • じっとしてるのが苦手な人
  • 向上心のない人
  • 約束やルールを守れない人

上記に該当する人はWebライターに向いてない可能性はあるものの、実際にやってみないとわからないものです。

ひがし

そのため「Webライターに興味はあるけど、始めようか迷っている」という人は、やってみることをおすすめします。

サクッとWebライターの副業を始める3STEP

サクッとWebライターの副業を始める3STEP

最後に、最短スピードでWebライターの副業を始める方法を解説します。

「試しにWebライターを始めてみたい」という人は、参考にしてください。

  • クラウドソーシングに登録する
  • 案件に応募する
  • 採用されたら仕事を始める

STEP1:クラウドソーシングに登録する

最初のステップは、クラウドソーシングに登録することです。

クラウドソーシングは、インターネット上で仕事を提供する企業と、仕事を探している個人をつなげるサービスです。

登録は無料で、メールアドレスや基本情報を入力するだけで簡単にできます。

有名なプラットフォームには「クラウドワークス」「ランサーズ」などがあります。

ひがし

登録後はプロフィールを充実させ、仕事を取るための準備をしておきましょう。

STEP2:案件に応募する

次のステップは、案件に応募することです。

登録したクラウドソーシングで、自分が興味のあるライティング案件を探します。

案件には、ブログ記事の執筆・商品レビュー・Webサイトのコンテンツ作成など、さまざまな仕事があります。

ひがし

応募する際には、あなたの経験やスキルに合った案件を選ぶことが大切です。

STEP3:採用されたら仕事を始める

最後のステップは、採用されたら仕事を始めることです。

採用されたら、クライアントとのコミュニケーションを大切にしましょう。

具体的には、納期や記事の要件・報酬など、仕事に関する詳細をしっかりと確認します。

仕事を始めたら、納期を守って質の高い記事を提出することが重要です。誠実に取り組むことで、今後の案件獲得につながります。

まとめ:興味のある人はWebライターを始めてみよう!

Webライターをするメリット・デメリットや、Webライターに向いている人などについてご紹介しました。

この記事の要点を下記にまとめます。

  • Webライターは未経験からでも始められる
  • ネット環境とパソコンがあれば初期費用0円から始めることも可能
  • 在宅で仕事ができるので通勤に時間を使わなくて済む
  • 最初は単価が安く稼ぎにくい
  • 初心者のうちは文章を書くのがめんどくさく感じる

紹介したとおり、Webライターはメリットが豊富にある魅力的な仕事です。

最初は単価が安く稼ぎにくいなどのデメリットもありますが、デメリットを上回るほどメリットが数多くあります

そのため、Webライターを始めることをおすすめします。

Webライターの始め方については下記の記事で詳しく解説しているので、興味のある人は読んでみてください。

コメント

コメントする

目次