WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

Webライターってどんな仕事?仕事の種類や働き方を徹底解説!

読了予測:約 10 分

Webライターに興味があるけど、どんな仕事なんだろう?

上記の疑問にお答えします。

Webライターの仕事といっても、未経験だとピンとこないですよね。

この記事では、Webライターの仕事内容や働き方などについて解説します

Webライターの仕事について詳しく知りたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

本記事の信頼性
X:ひがし(@Y_writer1990
目次

Webライターの主な仕事は3種類ある

一言にWebライターといってもさまざまな仕事がありますが、おもな仕事は下記の3つです。

  • SEOライティング
  • メディアのコラム執筆
  • 電子書籍の執筆代行

順番に解説します。

SEOライティング


SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンを最適化する行為を指します。

ひがし

簡単にいえば、Googleの検索エンジンで上位表示を狙う作業です。

上位表示されれば、ユーザーから記事を見られる機会が増えて、稼ぐチャンスが多くなります。つまり、仕事を依頼してくれた発注者によろこばれます。

そのため、SEOに強く利益を出せるWebライターは重宝されます。

メディアのコラム執筆

メディアのコラム執筆は、与えられたテーマに対して自分の意見を書く仕事です。読者に記事を読んでもらい、Webサイトの認知度を上げるのが目的です。

コラム記事を専門に執筆する職業を「コラムニスト」といいます。

執筆作業をする点ではWebライターと似ていますが、コラムニストのほうがオリジナリティが強く、自分の個性を活かした文章を書く能力が求められます。

電子書籍の執筆代行

電子書籍の執筆代行も、Webライターの仕事のひとつです。執筆文字数は比較的多い傾向があり、1万文字以上書くのが一般的です。

単価はピンキリで、クラウドソーシングで募集されている数千円の案件もあれば、数十万円の案件もあります。

ひがし

ぼくも電子書籍の執筆代行の仕事をやったことがあります。そのときは1万文字書いて報酬2,000円でした。

「自分磨き」について記事を書きましたが、ほかにも副業での稼ぎ方やダイエットなど、幅広いジャンルで募集があります。

Webライター3種類の働き方

ここでは、Webライターの働き方について解説します。フリーランスや副業で稼ぐイメージが強いかもしれませんが、会社員で働く選択肢もあります。

それぞれメリットや特徴が異なるので、違いを押さえて自分に合った働き方を見つけましょう。

会社で働く

会社員としてWebライターの仕事をする選択肢もあります。

会社員としてWebライターをやる大きなメリットは、Webライティングの専門的な知識を学びながら、お給料をいただけることです

もちろん、書籍やYouTube動画でも学べますが、得られる専門的な知識は比較になりません。また、会社員なのでフリーランスと違い、安定してお給料をいただけるのもメリットのひとつ

「専門的な知識を身につけたい」「安定した生活がしたい」という人は、会社でWebライターとして働くのがおすすめです。

フリーランスとして働く

Webライターとして専門的な知識を身につけている人は、フリーランスとして働くのもありです。

フリーランスの魅力は何といっても、時間の自由があることです。会社員のように決まった時間に働かず、自分の好きな時間に仕事することができます

デメリットとしては、会社員と比べて収入が安定しないことです。

そのため、フリーランスとして働くなら、ある程度安定して収入が入るスキルが身についてから独立するとよいでしょう。

副業ライターとして働く

転職や独立をしなくても、副業ライターとして働く選択肢もあります。

転職や独立となると、いま働いている会社をやめることになるので、リスクが高いです。副業であれば、会社をやめなくてもWebライターとして働くことが可能です。

副業で月10万円以上稼げる人は、フリーランスとして独立も狙えるでしょう。

Webライターの仕事の流れ

Webライターとしての仕事は、緻密な計画と専門的なスキルが結びついたプロセスで成り立っています。以下では、Webライターが実践する仕事の流れに焦点を当て、それぞれのステップにおいてどのような活動が行われるかを詳細に解説します。

記事の構成を作る

記事の構成作りは、Webライターの仕事の出発点です。この段階では、以下のステップが含まれます。

  • クライアントの要望や目的を把握し、記事の目標を明確にします。
  • ターゲットオーディエンスを特定し、記事が誰に向けられているのかを理解します。
  • SEOの要素を考慮し、適切なキーワードを選定します。
  • キーワードリサーチを行い、競合の激しいキーワードや潜在的なキーワードを特定します。
  • 記事の始まりから終わりまで、論理的で読みやすいフローを構築します。
  • 各セクションや段落が適切な順序で繋がり、情報が整然と伝わるように工夫します。

発注者に構成を提出する

構成ができたら、次はクライアントや発注者に提出するフェーズです。このステップでは以下が重要です。

  • 提案された構成をクライアントに提出し、フィードバックを受け入れる姿勢を持ちます。
  • クライアントの要望や修正点に敏感に対応し、コミュニケーションを円滑に保ちます。

必要な情報をリサーチする

リサーチフェーズでは、正確で信頼性のある情報を収集します。これは記事のクオリティに直結します。

  • クレジブルな情報源からデータや事実を抽出するためのリサーチスキルを駆使します。
  • 専門的なトピックに関する深い知識や理解を持つことが求められます。
  • 使用する情報の著作権や信頼性を確認し、正確で適切な情報を提供します。

記事を執筆する

リサーチが完了したら、執筆フェーズに入ります。ここでは文章のクオリティやスタイルが問われます。

  • ターゲットオーディエンスに合わせ、適切な文体やトーンを選定します。
  • 技術的な情報を的確に伝えるために、分かりやすく工夫します。
  • 選定したキーワードを自然に文章に組み込み、SEO対策を行います。

完成した記事を納品する

記事の執筆が終わったら、最後にクライアントに提供します。この段階では品質と期限を守ることが求められます。

  • 文法ミスや誤りをチェックし、文章を洗練させます。
  • クライアントが求めるフォーマットやスタイルに従い、必要な修正を行います。
  • 納期を守り、クライアントに満足いただける形で記事を提供します。

以上が、Webライターが高品質な仕事を提供するために行う一連の流れです。

Webライターに求められる5つのスキル

ここでは、Webライターに求められるスキルについて解説します。

Webライターとして活躍するためにも、スキルアップは欠かせません。

必要なスキルを把握したうえで、スキル習得のために学びましょう。

  • 基礎的なライティングスキル
  • SEOライティング
  • 専門知識
  • リサーチスキル
  • コミュニケーション能力

ひとつずつ解説します。

基礎的なライティングスキル

Webライターとして仕事していくうえで、基礎的なライティングスキルが求められます。

親切な発注者であれば優しく教えてくれるかもしれませんが、親切な発注者ばかりでもないので、自分で勉強する必要があります

勉強といっても、スクールに通ったり講座を受ける必要はありません。

ひがし

ぼくはスクールに通ったことはありませんが、副業で月8万円くらい稼げました。

基礎的なライティングスキルを身につけるなら、書籍やYouTube動画で十分です。

初心者Webライターの勉強法については、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

【独学OK】未経験からWebライターになれるおすすめの勉強法7選


SEOライティング

前述しましたが、SEOに強いライターは重宝されます。

文字単価1円未満だとSEOの知識を求められる機会は少ないですが、文字単価1円以上になるとSEOの知識を求められる機会も増えます。

つまり、稼げるWebライターになるには、SEOの知識が欠かせないということです

SEOについて学ぶ方法は、書籍や資格勉強があります。

書籍はこの本がおすすめです。

リサーチスキル

リサーチとは直訳すると、「研究」「調査」という意味の言葉です。Webライターが求められるリサーチスキルは、Webサイトや書籍の情報を調べることを指します。

文章を執筆する際には、正確に情報をリサーチするスキルが求めらます

誤った情報を書いてしまうと、記事を掲載しているWebサイトの信頼を落としてしまうからです

そのため、誤った情報を書かないように調べるスキルがWebライターには求められます。

リサーチスキルについて詳しく知りたい人は、以下の記事を読んでみてください。

【超重要】Webライターがリサーチをおこなう手順をわかりやすく解説!

専門知識

Webライターの仕事には、専門性を求められるジャンルも少なくありません。

例えば、下記のようなジャンルがあります。

  • 医療
  • 金融
  • 投資
  • 脱毛
  • 不動産など

前述しましたが、嘘の情報を書いてしまうとWebサイトの信頼を落としてしまうので、正確な情報を記載する必要があります

そのため、専門知識を有しているWebライターは単価も上がります

コミュニケーション能力

Webライターは基本的にチャットで発注者とやり取りするので、コミュニケーション能力は必要ないと思うかもしれません。

しかし、チャットでやり取りしていても、コミュニケーション能力は必要です。

直接話す機会はなくても、チャット上で信頼関係を築くために、コミュニケーション能力が求められます

例えば、仕事での疑問点をわかりやすく伝える、相手の伝えたいことを正確に理解する必要があります。

Webライターに向いてる人の特徴

ここでは、Webライターに向いている人の特徴を紹介します。

「Webライターの仕事に興味あるけど、自分は向いているのかな?」と不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

Webライターに向いている人の特徴は下記のとおりです。

  • 文章を書くのが苦痛でない人
  • 1人でいるのが好きな人
  • じっと座っていられる人
  • 在宅で仕事したい人
  • 勉強や情報収集が好きな人
  • 向上心のある人
  • 細部にこだわれる人

勉強するのが好きで、ずっとひとりで作業していても孤独感をあまり感じない人に向いています

詳しくは下記の記事で解説しているので、自分がWebライターに向いているか気になる人は参考にしてください。

Webライターの年収

Webライターの年収は、経験、スキル、仕事の内容、所在地などに依存します。

初級レベル(エントリーレベル): 初めてのWebライターは、年収で言えば300万円から400万円程度が一般的かもしれません。ただし、これはあくまで平均的な数字であり、業界や地域によって変動します。

中級レベル: 幾つかの経験を積んだ中級のWebライターは、400万円から700万円程度の年収が期待されます。

上級レベル(シニアレベル): 長期間の経験や専門的なスキルを持つ上級のWebライターは、700万円以上の年収を得ることがあります。フリーランスの場合、プロジェクトによって変動が大きいですが、一部のフリーランスはそれ以上の収入を得ることもあります。

これらの数字はあくまで一般的な傾向を示しており、実際の状況は異なる可能性があります。また、経済状況や産業の変化によっても影響を受けるため、最新の統計情報を確認することが重要です。

まとめ:Webライターは在宅で稼げる魅力的な仕事!

Webライターがどんな仕事であるのかを解説しました。

Webライターの仕事に興味のある人は、クラウドソーシングから仕事を始めるとよいでしょう。クラウドソーシングであれば、未経験者でも募集が豊富にあります。

「Webライターの仕事をすぐ始めるのは不安」という人は、とりあえず「ランサーズ」か「クラウドワークス」のどちらかに登録しておくことをおすすめします。

Webライターとして小さな一歩をぜひ踏み出してみてください。

コメント

コメントする

目次