WordPressを開設する手順をわかりやすく解説!こちらをクリック

【高校生必見】Webライターの始め方や稼ぐ4つのコツを解説!

読了予測:約 11 分

悩める高校生

Webライターは高校生でもなれるの?

Webライターの始め方は?

高校生がWebライターの仕事で稼ぐコツも知りたいな。

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事の信頼性
X:ひがし(@Y_writer1990

結論、高校生でもWebライターになれます。

そして、バイトするよりWebライターのほうがおすすめです。

本記事では、Webライターの始め方や稼ぐコツなどを、高校生向けに解説しています。

この記事を読めば、スムーズにWebライターの仕事を始められます

ひがし

Webライターの仕事に興味のある人は、最後まで読んでみてください。

目次

高校生にバイトよりWebライターをおすすめする5つの理由

高校生にバイトよりWebライターをおすすめする5つの理由は、以下のとおりです。

  • 将来の選択肢が広がるから
  • ビジネスで役に立つスキルを習得できるから
  • Webライターの仕事をしつつ国語の勉強になるから
  • ブログで稼ぐスキルも習得できるから
  • 高校生でも努力次第で月5万円以上稼げるから

1つずつ解説していきます。

将来の選択肢が広がるから

Webライターの仕事を高校生のうちからしておくと、将来の選択肢が広がるのでおすすめです。

例えば、Webライターの経験やスキルを活かしてWeb系の会社に就職したり、就職してから副業で稼ぐなどが考えられます。

また、Webライターで月10万円も稼げるスキルがあるなら、フリーランスとして働く選択肢もあります。

このように、あなたの将来の選択肢を広げる意味でも、Webライターの仕事はおすすめです。

ビジネスで役に立つスキルを習得できるから

Webライターの仕事は以下のように、ビジネスで役に立つスキルを数多く習得できます。

  • ライティングスキル
  • 営業スキル
  • PCスキル
  • リサーチスキル
  • マーケティングスキルなど

Webライターの仕事で稼ぎつつ、社会人になったときに役立つスキルまで習得できます。

Webライターの仕事をしつつ国語の勉強になるから

Webライターは文章を書く仕事なので、仕事をしつつ国語の勉強になるメリットがあります。

大学受験で小論文のテストも多いので、Webライターをやっていれば大学受験でも有利です。

ひがし

コンビニや飲食店でバイトをしても国語力は身につきません。Webライターの仕事で稼ぎつつ、国語力を身につけるのが効率的でおすすめです。

ブログで稼ぐスキルも習得できるから

Webライターになれば、PCスキルやWebライティングなど、ブログで稼ぐスキルも習得できるメリットがあります。

仮にWebライターの仕事がイヤになってやめてしまっても、ブロガーに転身する選択肢ができます。

ひがし

このように、ブロガーになる選択肢もできるので、Webライターの仕事はおすすめです。

高校生でも努力次第で月5万円以上稼げるから

高校生でも、努力次第で月5万円以上稼ぐことは可能です。

月5万円稼ぐシミュレーションを作ったので、参考にしてみてください。

文字単価0.5円×5,000文字=2,500円
2,500円×20記事=50,000円

文字単価0.5円なら高校生でも十分狙えますし、学業や部活を両立しても月20記事くらいなら達成可能です。

ひがし

ビジネススキルを身につけつつ稼ぎたい人は、Webライターの仕事を始めてみると良いでしょう。

Webライターの始め方5つの手順【高校生向け】

Webライターの始め方を解説していきます。

  • ネット環境とパソコンを用意する
  • クラウドソーシングに登録する
  • プロフィールやポートフォリオを用意する
  • サンプル記事を用意する
  • 提案文を書いて応募する

手順1:ネット環境とパソコンを用意する

まず、ネット環境とパソコンを用意しましょう。Web上で文章を書く仕事なので、ネット環境は必須です。

パソコンは必須ではないですが、スマホだと作業しづらいので購入しておきましょう。

10万円前後のスペックの高いパソコンが理想ですが、3万円程度のモノでもOKです。

Webライターにおすすめのパソコンは、以下の記事で詳しく紹介しています。パソコンをもっていない人は、読んでみてください。

Webライターにおすすめのパソコン3選!失敗しないための選び方も解説

用意できないならスマホで始めてもいい

パソコンを用意するといっても、3万円もお金がないよ…

という人がいるかもです。

パソコンは用意したいところですが、どうしても無理ならスマホで始めてもいいです。

ただし、画面が小さくて文章を書きづらいので、パソコンと比べて生産性が落ちるのは覚悟しておきましょう。

ひがし

スマホでWebライターの仕事をしてパソコンを買えるくらいの収入が入ったら、すぐに買うことをおすすめします。

手順2:クラウドソーシングに登録する

ネット環境とパソコンを用意したら、クラウドソーシングサイトに登録しましょう。

クラウドソーシングとは、インターネットを使って仕事を受注できるサービスです。

クラウドソーシングサイトの説明。

仕事をしたい人と、仕事を依頼したい人を仲介してつないでくれます。

クラウドソーシングサイトは未経験者向けの案件が豊富にあるので、おすすめです。

特におすすめなのは、業界最大手である「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

どちらも未経験者向けの案件が数多くあります。

ひがし

ライティング案件を比較検討するためにも、両方登録しておくのがおすすめです。

手順3:プロフィールやポートフォリオを用意する

クラウドソーシングに登録したあとは、プロフィールやポートフォリオを用意しましょう。

準備を入念に整えておくことで、Webライターの仕事を獲得しやすくなるからです。

Webライターの仕事を安定して獲得するためにも、プロフィールやポートフォリオを用意しておくことをおすすめします。

プロフィールやポートフォリオの作り方は、以下の記事で詳しく解説しています。

手順4:サンプル記事を用意する

サンプル記事とは、あなたのライティングスキルをクライアントに確認してもらうために書く記事です。

ライターの実力がわからないとクライアントとしても採用しづらいので、サンプル記事を用意しておきましょう。

サンプル記事の書き方は、以下の記事で詳しく解説しています。書き方がよくわからない人は、参考にしてみてください。

Webライターのサンプル記事の書き方!初心者向けにわかりやすく解説【例文あり】

手順5:提案文を書いて応募する

最後に、提案文を書いて応募していきます。

提案文を書く際のポイント
  • 初心者アピールはしない
  • 誤字脱字をチェックしてから提出する
  • 募集内容に目を通してから提案文を書く

募集内容によく目を通し、クライアントが採用したくなる提案文を送りましょう。

提案文の書き方は以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

Webライターの提案文の書き方を初心者向けに解説【例文あり】

高校生でもWebライターの仕事で稼ぐ4つのコツ

高校生でもWebライターの仕事で稼ぐコツを解説していきます。

  • 最初は稼げないと覚悟する
  • 文字単価0.2~0.4円の低単価案件で実績を作る
  • 入念に準備する
  • Webライティングの勉強をする

最初は稼げないと覚悟する

最初は稼げないと覚悟しておきましょう。

Webライターの仕事は、初心者だと超低単価が低いからです。

ひがし

ぼくが初めて受けたWebライターの仕事は、報酬がたったの280円でした。。

社会人ですらこの低単価なので、学生はさらに単価が低くなる可能性もあります。「簡単に稼げる」「在宅でラクそう」などと考えていると心が折れやすいです。

そのため、最初は稼げないと覚悟しておきましょう。

文字単価0.2~0.4円の低単価案件で実績を作る

初心者が高単価の案件を獲得するのは難しいので、まずは低単価案件で実績を作りましょう。

作った実績をポートフォリオに掲載して応募する際に見せれば、高単価案件を獲得しやすくなります。

低単価案件を受けるのは精神的にきついですが、将来の高単価案件のために耐えることが大切です。

Webライターとして稼いでいきたい人は、低単価案件で実績を積み上げていきましょう。

入念に準備する

社会経験のない学生は社会人と比べても不利なので、準備では勝てるようにしましょう。

準備とは、前述したポートフォリオやプロフィール、サンプル記事のことです。

上記の準備を入念にして応募すれば、採用される確率がグッと上がります。

準備するのなんてめんどくさいよ。

と思うかもですが、準備を怠って落ち続けるほうがめんどくさいです。

ひがし

準備次第で採用率が変わってくるので、準備は入念にしておくことをおすすめします。

Webライティングの勉強をする

スキルが高いほど稼ぎやすいので、Webライティングの勉強はしておきましょう。

Webライティングとは、Web上の読者に向けて書く文章を指します。Webライターは制作した記事をWeb上で読んでもらう仕事なので、Webライティングの勉強は必須です。

Webライティングの勉強方法は以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

Webライター初心者におすすめの独学勉強法7選を紹介!

高校生がWebライターを始める際の注意点

高校生がWebライターを始める際の注意点を解説していきます。

  • Webライターを始める前に親に話しておく
  • 高校生であることを言い訳にしない
  • ブログをやる選択肢も頭に入れておく

Webライターの仕事で失敗しないよう、注意点を押さえておきましょう。

Webライターを始める前に親に話しておく

Webライターを始める前に、親に話しておくと良いでしょう。

親に話しておいたほうがいい理由
  • パソコンの購入やネット回線の契約などでお金がかかるから
  • 収入によっては確定申告が必要になるから
  • クライアントとトラブルになる可能性があるから

親に話しておけば、Webライターの仕事で必要な費用を負担してくれるかもしれません。

また、確定申告やクライアントとのトラブルが発生した場合、親が対処してくれるでしょう。

ひがし

親にはいいにくいかもですが、話しておくと万が一のときに安心です。

高校生であることを言い訳にしない

高校生であることを言い訳にするのはNGです。

クライアントはボランティアで仕事を依頼してるわけではないので、学生でも社会人と同じように貢献を求められます。

そのため「高校生だからできなくても仕方がない」と考えていては、Webライターの仕事をとれません。

お金をもらっている以上はプロなので、プロの自覚をもって仕事をしましょう。

ブログをやる選択肢も頭に入れておく

ブログをやる選択肢も頭に入れておくといいです。Webライターの仕事が向いてるとは限らないから。

同じWeb文章を書くにしても、Webライターとブログは違います。

特に違うのは、クライアントへの納品の有無です。

Webライターは、執筆した記事をクライアントに納品する必要があります。そのため、人によっては「自分の好きなように書けない」と辛く感じる場合があるのです。

一方、ブログであれば書いた記事を誰かに納品する必要もないので、好きなように書けるメリットがあります。

ひがし

文章を書く仕事はWebライターだけではないので、ブログをやる選択肢も頭に入れておきましょう。

【関連記事】初心者Webライターはブログを開設するメリットが多い!おすすめのブログも紹介

高校生がWebライターを始める際によくある質問

最後に、高校生がWebライターを始める際によくある質問にお答えします。

Webライターの仕事はきついですか?

きついこともあります。

Webライターの仕事できついこと
  • 初心者だと単価が低すぎる
  • 締め切りがきつい
  • 勉強することが多い
  • 悪質なクライアントがいるなど

Webライターの仕事は数多くの魅力があるものの、きついことがあるのも事実です。

ひがし

魅力ばかりに目を向けず、きつい面があることも頭に入れておくと良いでしょう。

【関連記事】Webライターは「辛い」「きつい」といわれる7つの理由を解説!

高校生でもWebライターの仕事で稼げますか?

高校生でもWebライターの仕事で稼ぐことは可能です。

稼働時間によりますが、月5万円くらいは狙えます。

ただし、Webライターを始めたばかりのときは単価が低いので、稼げるようになるまで地道に実績を積み上げる必要があります。

【関連記事】初心者Webライターが3ヵ月で月1万円を稼ぐまでのロードマップ!

Webライターに向いてる人の特徴は?

Webライターに向いてる人の特徴は以下のとおりです。

Webライターに向いてる人の特徴
  • 文章を書くのが苦痛でない
  • 在宅で仕事がしたい
  • 1人でいるのが好き
  • じっと座っていられる
  • 勉強や情報収集が好きなど

特に、文章を書くのが苦痛でない人は向いていると思います。

Webライターの適性については、以下の記事で詳しく解説しています。自分がWebライターに向いているのかを知りたい人は、読んでみてください。

Webライターに向いてる人7つの特徴!適性診断で向き不向きがわかる

まとめ:高校生にもWebライターはおすすめ!

くりかえしですが、高校生にもWebライターはおすすめの仕事です。

学生のうちから社会経験を積んで同級生と差をつけつつ、収入を得られます

Webライターの仕事に興味があるのに始めないのはもったいないので、この記事の内容を参考にしてWebライターを始めてみてください。

Webライターの始め方は、以下の記事で詳しく解説しています。

【Webライターの始め方】未経験からWebライターになれる方法を解説!

コメント

コメントする

目次